トランプ政権での官僚候補にあたる人物

ドナルドトランプ

トランプタワーの画像

トランプ政権での官僚候補人物一覧

副大統領

マイク・ペンス(インディアナ州知事)

 

国務長官

ジョン・ボルトン(元国連大使)
ニュート・ギングリッチ(元下院議員)
ジェフ・セッションズ(上院議員、共和党)
ボブ・コーカー(上院議員、共和党)

財務長官

スティーブン・ムナチン(元ゴールドマンサックス)
カール・アイカーン(著名投資家)

国防長官

マイケル・フリン(前国防情報局長)

司法長官

クリス・クリスティー(ニュージャージ州知事)
ルディ・ジュリアーニ(元ニューヨーク市長)

 

 

トランプ政権での官僚候補人物

wikiなどから各人物像や、トランプとの関係性などを紹介
これらの官僚候補一覧をみていると、トランプのいままでの暴言が
意図的に行われていたようにも見えてきます。

 

トランプ政権での官僚候補 副大統領

マイク・ペンス

2016年7月、共和党の大統領指名を確実としたドナルド・トランプから副大統領候補の指名を受ける。
政治経験のないトランプとは対照的に、下院議員を12年勤めた経験がある。
第50代インディアナ州知事。

トランプの移民問題での発言でのことで
マイク・ペンスはツイッターで「侮辱的で違憲だ」と批判していた

仮に、アメリカでは大統領が暗殺されることになると副大統領が大統領に昇格される。

過去に大統領に昇格した副大統領

ジョン・タイラー: 1841年4月4日、ウィリアム・ヘンリー・ハリソン大統領病死により昇格。
ミラード・フィルモア: 1850年7月9日、テイラー大統領病死により昇格。
アンドリュー・ジョンソン: 1863年4月15日、リンカーン大統領暗殺により昇格。
チェスター・アーサー: 1881年9月20日、ガーフィールド大統領暗殺により昇格。
セオドア・ルーズベルト: 1901年9月14日、マッキンリー大統領暗殺により昇格。
カルヴァン・クーリッジ: 1923年8月3日、ハーディング大統領病死により昇格。
ハリー・トルーマン: 1945年4月12日、フランクリン・ルーズベルト大統領病死により昇格。
リンドン・ジョンソン: 1963年11月22日、ケネディ大統領暗殺により昇格。
ジェラルド・フォード: 1974年8月9日、ニクソン大統領辞任により昇格。

 

出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

 

 

トランプ政権での官僚候補 国務長官

ジョン・ボルトン

 

第25代 アメリカ合衆国国連大使 在任期間 2005年8月1日 – 2006年12月9日
クリントン政権の外交政策に対して一貫して批判を続けた
北朝鮮の脅威に対抗するために日本と韓国が核武装を検討することを主張している。

 

ニュート・ギングリッチ

 

共和党に所属。1995年から1999年まで同国の下院議長を務めた。
クリントン政権と歳出削減の規模など予算案をめぐって激しく対立
現在の夫人であるキャリスタとは当時不倫関係にあった。

 

2012年大統領選
2012年大統領共和党予備選では、共和党内でバラク・オバマ現大統領に対抗しうる候補の一人と見なされていた。2011年5月11日、自身のツイッターで共和党候補指名選挙に出馬すると発表した。党内きっての議会通のベテラン議員として、また保守派の統一候補として注目を集める。
一時は支持率でトップに立ったが、「同性愛者への政策は?」と問われて「オバマに投票しろ」と答えたり、「パレスチナ人はテロリスト」「パレスチナ国家はフィクション」などと発言して物議を醸し、2度の離婚歴についても攻撃されるなど、勢いを落としている。

出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

ジェフ・セッションズ

 

バラク・オバマ政権による移民政策と環太平洋戦略的経済連携協定に批判的立場をとる[1]。1993年以降米国が中華人民共和国との貿易で貿易赤字を増加させ、2015年の貿易赤字がビル・クリントン政権初年度の約1500%の水準になっている。 問題ある貿易協定のせいで工場が閉鎖し高賃金の職が失われた。大量の移民が労働市場になだれ込み雇用を奪い賃金を低下させたと述べている。 米国は助けを必要としており、米国にはドナルド・トランプが必要だと述べる

出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

ボブ・コーカー

第71 チャタヌーガの市長
2005年4月18日- 2001年4月16日

2009年9月コーカーでは、合法的にアメリカ人は安くカナダの薬を購入することを可能にする医療改革の修正案に反対した。[80]彼はバラク・オバマ大統領の医療保険制度改革法案に反対しました。彼が反対票を投じた医療保険制度改革、2009年12月[81]を、彼は反対票を投じた2010年のヘルスケアおよび教育調整法

出典 – https://en.wikipedia.org/wiki/

 

 

トランプ政権での官僚候補 財務長官

スティーブン・ムナチン

米証券大手ゴールドマン・サックスの元パートナー

 

カール・アイカーン

持株会社アイカーン・エンタープライズの創業者
企業の経営権を取得する「乗っ取屋」として有名。

 

 

トランプ政権での官僚候補 国防長官

マイケル・フリン

退役陸軍中将
過去にトランプの副大統領候補としても名前があがった。

 

 

トランプ政権での官僚候補 司法長官

クリス・クリスティー

2012年アメリカ大統領選挙で注目を浴びていた。

2015年6月30日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙への出馬を表明
2016年2月10日、大統領選挙から撤退し2月26日にドナルド・トランプへの支持を表明

 

ルドルフ・ジュリアーニ

第112代 ニューヨーク市長
第3代 アメリカ合衆国司法次官

ニューヨーク市長時の治安改善

治安の回復を目標に掲げ、ニューヨーク市警のトップにウィリアム・ブラットンを据え、「割れ窓理論」を用いて犯罪率の減少に取り組んだ。RICO法に基づき、マフィアのトップを重点的に取り締まった。検事時代のと同じように、まずイタリアン・マフィアをターゲットにしてトップらを逮捕。その後、その代わりに台頭する中国やベトナム、カンボジアやイランなどのマフィア対策を各国別に練り、頂上作戦を展開して大きな成果を上げた。警官を大幅に増やし、マフィアの温床となるセックスビジネスの撲滅作戦に乗り出すなど様々な手を打ち、ニューヨークの安全化に務めた。汚職警官を次々と告発・追放するなど、一時はマフィアより汚いとされていた警官の規律を正した。各辻には警官が立つようになり、ハーレムの名物や出店も一掃される。風紀を正すため、所々で火を噴いていたタクシーは新型車両に交換した。
実際に犯罪率を半減させ、全国水準より低く抑えることに成功したことから、その目標は一般には達成されたと評価されている。これにより、ニューヨーク市は全米でも最も安全な大都市となったとされ、ニューヨーク市を浄化した市長として名声を博した。なお、ギネスブックにおいても「最も多く犯罪率を削減させた市長」としてノミネートされている。

出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

トランプ政権での官僚候補にあたる人物と同じカテゴリ

 

トランプ政権での官僚候補にあたる人物
を見ている人は他にこんなページもみています

クワガタ 昆虫好き 芸能人まとめ
クワガタ 昆虫好き 芸能人まとめ

クワガタ 昆虫好き 芸能人一覧 哀川翔 織田裕二 寺門ジモン HAKUEI DJ KOO 中村俊介 福島和可菜 昆虫好き芸能人,今回は特にクワガタ好きな芸能人の方を まとめておきました。 HAKUEI、DJ KOOなどの以外な人もクワガタに興味があるようです。 クワガタ以外の昆虫好きの……

ドナルド・トランプを批判する男性有名人のまとめ
ドナルド・トランプを批判する男性有名人のまとめ

ドナルド・トランプは批判をうける発言ばかりをするので反支持が目立ちます。 女性はかなりの有名人の批判が目立ちますが、男性陣もそれなりに いるようです。 トランプを批判する有名人(男性)の情報、コメントなどをまとめたページです。   トランプを批判する スティーヴィー・ワンダー   「私の考えでは、ヒラリーは政治において経験豊富な人材だっ……

ドナルド・トランプが大統領 株価への悪材料まとめ
ドナルド・トランプが大統領 株価への悪材料まとめ

まさかのドナルド・トランプの大統領、EU離脱の時と同じように 番狂わせになりました。 日経平均は一時マイナス1000円を割り込んで次の日には まったくなかったように全戻りどころかさらに上げる始末。   こういう値動きの場合は過去にみても何度かあり。 過去の暴落の時をみても、大幅に下げてすぐに戻すというパターン。 とくに、トランプが大統領になるとヤバイ……