ドナルド・トランプの生い立ち その他まとめ

海外

ドナルドトランプの生い立ちアイキャッイt画像

 

ドナルドトランプの生い立ち(経歴)を年を追ってまとめて記載。
結婚暦は3回,イヴァナ・マリエ・ゼルニーチコヴァー,
マーラメイプルズ,メラニアなどの3人の女性と結婚、離婚を繰り返す。

 

ドナルド・トランプのプロフィール

ドナルド・トランプのプロフィールを軽く紹介。

 

身長 約190cm
宗教 プロテスタント
家族 過去2人の妻との間に4人の子供、現在の妻メラニアとの間に一人の子供
信条 酒、たばこ、コーヒーを口にしない
好きな食べ物 ベーコンエッグ、チェリーバニラ、アイスクリーム

 

著書

「トランプ自伝 不動産王にビジネスを学ぶ」
「金のつくり方は億万長者に聞け! 大富豪トランプの金持ち入門」
「明日の成功者たちへ」

 

宗教のプロテスタントとはどのようなものかと
宗教観念のない日本人の方も多いと思いますので、辞書のわかりやすいものを
引用しておきます。

プロテスタント

キリスト教宗派の一つ。カトリックのように異宗派間での婚姻を禁じていないので、キリスト教徒でなくともチャペルでの挙式が行えます。ホテルなどで行われるチャペルウエディングはほとんどがプロテスタント式です。また、牧師・礼拝・礼拝堂・賛美歌はプロテスタント宗派での呼び方。カトリック宗派では、神父・ミサ・聖堂(みどう)・聖歌と呼びます。

出典 – 結婚式・ブライダル用語集

 

 

ドナルド・トランプの生い立ち

1946年 生まれる

1964年 ニュヨークミリタリーアカデミー卒業
1964年 フォーダム大学入学 (イエズス会系の名門私立大学)

1968年 ペンシルベニア大学修了(入学難易度が 高く、全米そして世界各国から高い資質の学生が集まる)

1971年 ベトナム戦争 徴兵免除

 

1972年 父の不動産会社を受け継ぐ

1972年 イヴァナ・マリエ・ゼルニーチコヴァーと結婚

 

1976年 コモドアホテルを買収、グランドハイアット・ホテルとして成功を収める

1983年 トランプタワーを開業

1987年 トランプ自伝を出版

1988年 プラザ・ホテルを4億ドルで買収

 

1988年 経営がぐらつきはじめる中、出馬をほのめかす。

1989年 ボードゲーム トランプ・ザ・ゲームを発売

1989年 トランプシャトルを創業

 

1990年 不動産ブーム終、90億ドルともいわれる負債を抱える

1992年 タージ・マハルなど経営する3つのカジノが破産

1992年 イヴァナ・マリエ・ゼルニーチコヴァーと離婚、(トランプ氏とマーラ・メイプルズとの浮気が発覚)

1993年 マーラ・メイプルズと再婚

以下マーラ・メイプルズとのこのあたりの時期に関する記事です。

マーラメイプルズ トランプは結婚時慰謝料で数十億ドルムシられる!
マーラメイプルズ トランプは結婚時慰謝料で数十億ドルムシられる!

  ドナルドトランプの生い立ち(経歴)を年を追ってまとめて記載。 結婚暦は3回,イヴァナ・マリエ・ゼルニーチコヴァー, マーラメイプルズ,メラニアなどの3人の女性と結婚、離婚を繰り返す。   ドナルド・トランプのプロフィール ドナルド・トランプのプロフィールを軽く紹介。   身長 約190cm 宗教 プロテスタント 家族 過去2人の……

 

1995年 経営状況が回復

1996年 ミス・ユニバース機構を買収する。

1999年 モデルのマネジメント会社を設立

1999年 マーラ・メイプルズと離婚

 

2000年 改革党から出馬するも敗退する。

2001年 ニューヨークトランプワールドタワーが完成。

2001年 民主党に参加

2004年 リアリティ番組「アプレンティス」の放送開始

 

2005年 メラニアと際再婚

2007年 「アプレンティス」でハリウッドに自身のプレートが飾られる

2009年 共和党に参加

2011年 無所属になり、大統領選に備えるが不出馬

2012年 共和党に戻る

2015年 大統領選への出馬を表明

2016年 11月9日 大統領選で勝利

2017年 1月20日 大統領に就任予定

 

ドナルド・トランプの暴言,侮辱まとめ

トランプ氏発言アイキャッチ画像

不動産王として知られるドナルド・トランプ氏の、毎回
発言が過激で炎上している。
よくメディアで大々的に取り上げられたトランプ氏の発言ををまとめた。

ドナルド・トランプ氏とは

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump、1946年6月14日 – )は、
アメリカの著名な実業家、2016年アメリカ合衆国大統領選挙候補者。
不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの
会長兼社長で、カジノ・ホテル運営会社トランプ・エンターテイメント・リゾーツの設立者である。
アメリカのビジネスシーンでの有名人であり、メディアへの
露出機会も際立って多い。その経歴、ブランディングの努力、私生活、
豊かな財産、歯に衣着せぬコメントによって、セレブリティとして知られる。

出典 – wikipedia ドナルド・トランプ

 


トランプ氏、アジア人の「でたらめ英語」皮肉る

米大統領候補のドナルド・トランプ氏(69)が中国・日本など
アジアのビジネスマンを蔑む発言でまた非難を浴びた。
トランプ氏は演説中、中国人と日本人の崩れた
英語(broken English)を皮肉り、アクセントを真似たりした。

出典 - 中央日報

中国人・日本人などにも十分に皮肉る発言をするトランプ氏、
ここを突付かれると英語ができない日本人のビジネスマンで
あれば痛いところでもあります。


メキシコ移民に対しての侮辱発言

 

トランプ氏の移民侮辱発言で「ミス・ユニバース」放映打ち切り

大統領になったらメキシコとの国境に「万里の長城を築く」と述べた。

出典 - 産経ニュース

トランプ氏はメキシコ移民を侮辱発言をしてもなお、大統領就任後は移民受け入れ
制限を強化するとのことです。


トランプ氏「イスラム教徒の全面入国禁止」発言

2016年のアメリカ大統領選挙への立候補を表明し、世論調査で野党・共和党の支持率
トップを走るドナルド・トランプ氏が、「イスラム教徒の全面入国禁止」を訴えた。

出典 - The Huffington Post

トランプ氏はイスラム教徒のアメリカ入国禁止を
自身のウェブサイトで声明を発表した。
この声明が出されて民主党関係者も批判している。


トランプ氏はアイオワでの会合でジョン.マケイン氏を侮辱する

マケイン氏がベトナム戦争で捕虜だった過去を
取り上げ、「彼は戦争の英雄ではない。私は捕虜にならなかった人が好きだ」と述べた。

出典 - 朝日新聞デジタル

 

軍人を侮辱するような発言だと、反論している人も多い。
トランプ氏は1968年のベトナム戦争兵役を免除されている。
(これは不当な兵役逃れとの噂も流れている)
もし不当な兵役逃れが本当なのであれば、上のジョン.マケイン氏を
侮辱する発言を言える立場ではない。

 


トランプ氏、先天性の障害をもっている記者を侮辱する

ニューヨーク(CNNMoney) 来年の米大統領選の共和党指名候補争いに出馬した
実業家ドナルド・トランプ氏が選挙集会で身体障害を持つ米紙ニューヨーク・タイムズの
記者の姿態をあざけるようなポーズを見せ、同紙は常軌を逸した振る舞いと激しく反発している。

 

出典 - CNN.co.jp

先天性の関節拘縮症で、腕の動きが不自由なセルジュ・コバレスキ記者
の記事を取り上げて、腕をぎこちなく振り回し真似てからかった。
コバレスキ記者は1987年~1993年にかけてトランプ氏を
取材していたのでトランプ氏はコバレスキ記者を覚えているはずだ。

 

 

ドナルド・トランプ 暴言でホテルの顧客が大幅に減る!

大統領候補ドナルドトランプ,実はある事でピンチになっていた! のアイキャッチ画像

資産家の時期大統領候補ドナルドトランプ。
共和党の候補者指名獲得に必要な過半数の代議員を確保したようで
ますます大統領への勢いが止まらない

最近(2016年6月は)アメリカのCMを使いヒラリー・クリントンとの、中傷
合戦をおこなっているようだ。

どんなにメディアに取り上げられ、バッシングされても
つねに強気なドナルドトランプ、しかしそんな彼も裏でピンチに
なる事態がおこっていた

 

ドナルドトランプ ホテルの顧客が大幅に減る 。

 

旅行検索サイト ピンプリックを経由して宿泊予約を分析された。

その調査の結果。
ドナルドトランプの所有するホテル顧客の
予約件数が過去3ヶ月間、去年の同時期と比較すると

なんと59%も減少しているようだ。

 

これはいくらなんでもホテル経営が悪化しているとしか
いいようがない。

ドナルドトランプは去年の出馬表明意向、数々の差別発言を
繰り返してきた

  • メキシコ移民
  • イスラム教徒
  • 女性差別

 

などがおもな要因で、その発言に問題視する人々が多く。
ドナルドトランプが経営するホテルへの客足が減少している
可能性がある

 

ドナルドトランプの発言で『トランプブランド』が失われる。

 

ドナルドトランプが所有するホテルは高級で、いままでは
『トランプブランド』を売りにしてきた。

しかし、いままでのメディアでの過激発言、差別発言が
原因で、『トランプブランド』のイメージが著しく損なわれてきている

 

ドナルドトランプが所有するホテルの客層は主にゴージャスな裕福層。
ホテルの裕福層の顧客が劇的に悪化しているとの調査結果がある。
この裕福層離れがドナルドトランプのホテル経営を相当
悪化させているようだ。

 

 

いままで、ドナルドトランプの資産を築いてきた本業のホテル経営
が苦しくなると、さすがにドナルドトランプにも痛手ではないだろうか
これまでメディアを使い暴れていたドナルドトランプだが
少しは勢いがおさまるのか?

マーラメイプルズ トランプは結婚時慰謝料数十億ドル

大統領候補ドナルドトランプの2人目の妻
マーラ・メイプルズ
についてのまとめ。

マーラ・メイプルズは現在52歳で年齢を重ねていますが。
ドナルドトランプが目をつけるだけあって、若いときは
かなりの美女でした。

 

マーラ・メイプルズの画像
出典 – http://gatecommunity.org/

(若い頃のマーラ・メイプルズの画像)

 

マーラ・メイプルズは映画にも出演している女優です。

ブラック AND ホワイト (1999)
エグゼクティブ・デシジョン (1996)

などの映画に出演

 

ドナルドトランプとマーラ・メイプルズとの間に
出来た娘
はティファニー・トランプ,22歳
ペンシルベニア大学に通う

マーラ・メイプルズの娘の画像
出典 – http://smart-flash.jp/

(マーラ・メイプルズの娘 ティファニー・トランプの画像)


以下ドナルドトランプとマーラ・メイプルズの結婚から離婚まで

1990年に不動産ブーム終わり、ドナルドトランプは90億ドルともいわれる負債を抱える。
のち1992年に、タージ・マハルなど経営する3つのカジノが破産する。

 

1992年にドナルドトランプとマーラ・メイプルズとの浮気が発覚
イヴァナ・マリエ・ゼルニーチコヴァーと離婚。

 

経営が悪くなるなかで、イヴァナと慰謝料を巡って裁判となり、14億ドルの土地
2億ドルの現金、フロリダ州パームビーチにある邸宅などを押さえれる。

 

1993年、ドナルドトランプとマーラ・メイプルズが結婚
このときの挙式は著名人を集め豪華に行った。
結婚式にかかった費用はおよそ総額200万ドル。式は高級ホテルで行われた。

その後一人の女児、ティファニー・トランプ
をもうけた。

 

1999年 6月8日、マーラ・メイプルズと離婚

 

マーラ・メイプルズ 1991年の画像
出典 – http://www.jiji.com/

写真は1991年、ミュージカルを見に来たドナルドトランプ
とマーラ・メイプルズ、この時期から浮気していたのかもしれない。

中国の工場トランプ勝利予想

中国の工場トランプ氏勝利予想、すでにトランプマスクを量産体制のアイキャッチ画像

中国の一つの工場ではトランプ氏勝利を予想して。
ドナルド・トランプ氏のマスクを大量に製造し在庫にしている。

 

 

 

中国浙江省金華にあるパーティー用品の製造工場では、11月の米大統領選で共和党候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏と、民主党候補指名を目指すヒラリー・クリントン氏のマスク(仮面)を製造している。

今のところ、ともに50万個前後の売れ行きで肩を並べているが、工場の経営陣は本選でのトランプ氏の勝利を予想。工場長は、既にトランプ氏のマスクの在庫を積み増していると語った。

出典 – http://jp.reuters.com/

 

トランプ氏のマスクが売れるのはなんとなくわかるような気が
しますが、ヒラリー・クリントン氏のマスク50万個前後売れている
というのには以外ですね。いったいどんな人が買っているのでしょうか気になる所です。

 

 43歳の男性作業員は、誰のマスクを作っているか知っているかと記者に問われ、「米国の大統領だろう」と答えた。

出典 – http://jp.reuters.com/

 

すでにトランプ氏の勝利を予想しているだけか、はたまた何も知らないだけか。
トランプ氏が勝利すると、中国経済にも悪い影響が出そうです。

patriot-1019852_640

トランプ氏は中国に対して敵意をむき出しにして過去にこんな発言までしていました。

トランプ氏は米中貿易改革も公約の一つで「中国製品の輸入関税を45%にする」と極論を展開。
「中国は米国民が飢え死にすることを望んでいる」と発言するなど敵意をむき出しにする。

出典 – http://www.sankei.com/

「北朝鮮問題を解決しないならば、中国を潰してしまえ」と述べたという。環球網が報じた。

 トランプ候補は続けて「貿易関税を引き上げるか、貿易そのものを中止してしまえば、2分以内に中国は崩壊する」と述べたという。

出典 – http://www.excite.co.jp/

 

トランプ政権での官僚候補にあたる人物

トランプタワーの画像

トランプ政権での官僚候補人物一覧

副大統領

マイク・ペンス(インディアナ州知事)

 

国務長官

ジョン・ボルトン(元国連大使)
ニュート・ギングリッチ(元下院議員)
ジェフ・セッションズ(上院議員、共和党)
ボブ・コーカー(上院議員、共和党)

財務長官

スティーブン・ムナチン(元ゴールドマンサックス)
カール・アイカーン(著名投資家)

国防長官

マイケル・フリン(前国防情報局長)

司法長官

クリス・クリスティー(ニュージャージ州知事)
ルディ・ジュリアーニ(元ニューヨーク市長)

 

 

トランプ政権での官僚候補人物

wikiなどから各人物像や、トランプとの関係性などを紹介
これらの官僚候補一覧をみていると、トランプのいままでの暴言が
意図的に行われていたようにも見えてきます。

 

トランプ政権での官僚候補 副大統領

マイク・ペンス

2016年7月、共和党の大統領指名を確実としたドナルド・トランプから副大統領候補の指名を受ける。
政治経験のないトランプとは対照的に、下院議員を12年勤めた経験がある。
第50代インディアナ州知事。

トランプの移民問題での発言でのことで
マイク・ペンスはツイッターで「侮辱的で違憲だ」と批判していた

仮に、アメリカでは大統領が暗殺されることになると副大統領が大統領に昇格される。

過去に大統領に昇格した副大統領

ジョン・タイラー: 1841年4月4日、ウィリアム・ヘンリー・ハリソン大統領病死により昇格。
ミラード・フィルモア: 1850年7月9日、テイラー大統領病死により昇格。
アンドリュー・ジョンソン: 1863年4月15日、リンカーン大統領暗殺により昇格。
チェスター・アーサー: 1881年9月20日、ガーフィールド大統領暗殺により昇格。
セオドア・ルーズベルト: 1901年9月14日、マッキンリー大統領暗殺により昇格。
カルヴァン・クーリッジ: 1923年8月3日、ハーディング大統領病死により昇格。
ハリー・トルーマン: 1945年4月12日、フランクリン・ルーズベルト大統領病死により昇格。
リンドン・ジョンソン: 1963年11月22日、ケネディ大統領暗殺により昇格。
ジェラルド・フォード: 1974年8月9日、ニクソン大統領辞任により昇格。

 

出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

 

 

トランプ政権での官僚候補 国務長官

ジョン・ボルトン

 

第25代 アメリカ合衆国国連大使 在任期間 2005年8月1日 – 2006年12月9日
クリントン政権の外交政策に対して一貫して批判を続けた
北朝鮮の脅威に対抗するために日本と韓国が核武装を検討することを主張している。

 

ニュート・ギングリッチ

 

共和党に所属。1995年から1999年まで同国の下院議長を務めた。
クリントン政権と歳出削減の規模など予算案をめぐって激しく対立
現在の夫人であるキャリスタとは当時不倫関係にあった。

 

2012年大統領選
2012年大統領共和党予備選では、共和党内でバラク・オバマ現大統領に対抗しうる候補の一人と見なされていた。2011年5月11日、自身のツイッターで共和党候補指名選挙に出馬すると発表した。党内きっての議会通のベテラン議員として、また保守派の統一候補として注目を集める。
一時は支持率でトップに立ったが、「同性愛者への政策は?」と問われて「オバマに投票しろ」と答えたり、「パレスチナ人はテロリスト」「パレスチナ国家はフィクション」などと発言して物議を醸し、2度の離婚歴についても攻撃されるなど、勢いを落としている。

出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

ジェフ・セッションズ

 

バラク・オバマ政権による移民政策と環太平洋戦略的経済連携協定に批判的立場をとる[1]。1993年以降米国が中華人民共和国との貿易で貿易赤字を増加させ、2015年の貿易赤字がビル・クリントン政権初年度の約1500%の水準になっている。 問題ある貿易協定のせいで工場が閉鎖し高賃金の職が失われた。大量の移民が労働市場になだれ込み雇用を奪い賃金を低下させたと述べている。 米国は助けを必要としており、米国にはドナルド・トランプが必要だと述べる

出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

ボブ・コーカー

第71 チャタヌーガの市長
2005年4月18日- 2001年4月16日

2009年9月コーカーでは、合法的にアメリカ人は安くカナダの薬を購入することを可能にする医療改革の修正案に反対した。[80]彼はバラク・オバマ大統領の医療保険制度改革法案に反対しました。彼が反対票を投じた医療保険制度改革、2009年12月[81]を、彼は反対票を投じた2010年のヘルスケアおよび教育調整法

出典 – https://en.wikipedia.org/wiki/

 

 

トランプ政権での官僚候補 財務長官

スティーブン・ムナチン

米証券大手ゴールドマン・サックスの元パートナー

 

カール・アイカーン

持株会社アイカーン・エンタープライズの創業者
企業の経営権を取得する「乗っ取屋」として有名。

 

 

トランプ政権での官僚候補 国防長官

マイケル・フリン

退役陸軍中将
過去にトランプの副大統領候補としても名前があがった。

 

 

トランプ政権での官僚候補 司法長官

クリス・クリスティー

2012年アメリカ大統領選挙で注目を浴びていた。

2015年6月30日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙への出馬を表明
2016年2月10日、大統領選挙から撤退し2月26日にドナルド・トランプへの支持を表明

 

ルドルフ・ジュリアーニ

第112代 ニューヨーク市長
第3代 アメリカ合衆国司法次官

ニューヨーク市長時の治安改善

治安の回復を目標に掲げ、ニューヨーク市警のトップにウィリアム・ブラットンを据え、「割れ窓理論」を用いて犯罪率の減少に取り組んだ。RICO法に基づき、マフィアのトップを重点的に取り締まった。検事時代のと同じように、まずイタリアン・マフィアをターゲットにしてトップらを逮捕。その後、その代わりに台頭する中国やベトナム、カンボジアやイランなどのマフィア対策を各国別に練り、頂上作戦を展開して大きな成果を上げた。警官を大幅に増やし、マフィアの温床となるセックスビジネスの撲滅作戦に乗り出すなど様々な手を打ち、ニューヨークの安全化に務めた。汚職警官を次々と告発・追放するなど、一時はマフィアより汚いとされていた警官の規律を正した。各辻には警官が立つようになり、ハーレムの名物や出店も一掃される。風紀を正すため、所々で火を噴いていたタクシーは新型車両に交換した。
実際に犯罪率を半減させ、全国水準より低く抑えることに成功したことから、その目標は一般には達成されたと評価されている。これにより、ニューヨーク市は全米でも最も安全な大都市となったとされ、ニューヨーク市を浄化した市長として名声を博した。なお、ギネスブックにおいても「最も多く犯罪率を削減させた市長」としてノミネートされている。

出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

ドナルド・トランプが大統領 株価への悪材料まとめ

まさかのドナルド・トランプの大統領、EU離脱の時と同じように
番狂わせになりました。
日経平均は一時マイナス1000円を割り込んで次の日には
まったくなかったように全戻りどころかさらに上げる始末。

 

こういう値動きの場合は過去にみても何度かあり。
過去の暴落の時をみても、大幅に下げてすぐに戻すというパターン。
とくに、トランプが大統領になるとヤバイとかなり多くの人に刷り込まれていたはずです。

 

アメリカで、過去に政権交代がおきた9回の内、最初の1年目で
株価が上昇した事は2回しかありません。
今回の場合はどうなるのでしょうか?

ドナルド・トランプの大統領になったことによって
日本の株価は今後、影響のある悪材料をまとめてみました。

ドナルド・トランプが大統領に就任するのは
2017年1月20日なのでその後に出る可能性が高いと思われます。

 

 

ドナルド・トランプ 日本の円安誘導を非難

 

「日本は為替を操作して、日本車を大量にアメリカに輸出している」

さらに

「日本の安倍、(米経済の)殺人者だが、ヤツはすごい。地獄の円安で、米国が日本と競争できないようにした」

出典 – http://www.weekly-economist.com/

などとコメントしていることもありました。

 

トランプの過去の発言からですが、日本の円安誘導を非難していたことがあったので
もしトランプが大統領になってからきっちりとドルを操作するようなことがあれば間違いなく円高になり、日本株には悪材料でしょう。
トランプは一貫してアメリカ経済が第一のようなのでこれは確率的にはかなり高いと思われます。

 

ドナルド・トランプ 各国に核兵器を保有せよ

トランプ氏は、日本と韓国が北朝鮮と中国から自国を防衛するため、アメリカの核の傘に依存せずに自身で核兵器を保持することも選択肢の一つだと説明、両国の核保有が「アメリカにとってそれほど悪いことではない」と主張した。

出典 - http://www.huffingtonpost.jp/

日本もアメリカの防衛にたよらずに自国だけで国を守れと言っていたようです。
いろいろな国が核を保有すること自体はすぐさま株価に悪材料になることはないですが、いざとなれば
恐ろしい事態に発展する可能性があり。

 

ドナルド・トランプ アメリカの内戦

ドナルド・トランプ自体、多数のアメリカ人に嫌われているのは
よく知られていることで
大多数のトランプ反対派が過激になっていくと内戦になる可能性も示唆されているようです。

 

すでにトランプタワーの前でデモでの抗議もおきています。

参加者は、トランプ氏は「我々の大統領ではない!」「彼は差別主義者だ」などと叫び、選挙結果を受け入れられないとしている。

出典 - http://www.news24.jp

 

 

ドナルド・トランプ 暗殺の可能性

確率的にはかなり少ないと思いますが過去にケネディ大統領暗殺事件もありましたし。
これは潜在的に確率があるかもしれません。
トランプの演説会ではすでに銃をもった男が取り押さえられる事態もあったようです。

ネバダ州リノで持前の毒舌を織り交ぜながら演説を繰り広げていたが、なんとも皮肉なことに正面にいた1人の男に銃口を向けられたもよう。シークレットサービスの男性2名がすぐにステージに上がり、トランプ氏の大きな体を囲みながら袖へと導いていった。

出典 - http://www.excite.co.jp/

さらには暗殺計画までも、いろいろな組織にすでに狙われているようです。

米大統領選で共和党候補指名を確実なものにしたドナルド・トランプにいま、「暗殺計画」が急浮上している。

出典 - http://gendai.ismedia.jp/