ドナルドトランプを支持・批判する海外の有名人まとめ

海外

ドナルド・トランプ支持まとめ アイキャッチ画像

ドナルド・トランプは批判をうける発言ばかりをするので反支持が目立ちます。
しかしドナルド・トランプを支持する海外の有名人
も多くいます、有名人が支持することに
よって、ファンへの影響があり、選挙への結果も違ってくるでしょう。
トランプを支持する有名人の情報、コメントなどをまとめたページです。

 

目次

ドナルドトランプを支持する海外の有名人

トランプを支持する クリント・イーストウッド

クリントイーストウッドの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

クリント・イーストウッドはトランプ支持
山中章子アナが「トランプ氏を支持をしている人もいます」とクリント・イーストウッドをあげた。彼は「国民は『恐れずはっきりものをいう人』を求めている。彼はそういう人だ」という主張だ。

出典 – http://www.j-cast.com/

数々の名作映画を手掛けた監督のクリント・イーストウッドはトランプを支持。
日本でかなり有名になった映画では「マディソン郡の橋」などがあります。
映画のファンなどが数多くいるので、影響力はかなりありそうです。

 

 

 

トランプの選挙勝利後、クリント・イーストウッドは

「ありがとうアメリカ! 私はもう長くは生きられないが、残された数年は素晴らしい時になるだろう」

などとツイートしていたようです。
しかし、このツイートがされてからツイッターアカウントが
運営側に凍結されたもよう。

その内容が不適切と判断したのか、ツイートが発信されて間もなく、ツイッター運営側はこのアカウントを凍結、その後削除した。ネットユーザーらは、この判断を「検閲」だとして猛反発。運営側を批判するツイートが丸1日続いた。

 だがその後、問題のツイート主がイーストウッド監督になりすましていたことが判明した。監督の実の娘で女優のモーガン・イーストウッド(19)が自身のツイッターで「父親になりすますのはやめて。父親がソーシャルメディアの使い方なんて分からないのは誰でも知っていることだから」と訴えたからだ。

出典 – http://news.livedoor.com/

 

クリントイーストウッドがトランプを支持した理由を推察

クリントイーストウッドはかなり有名な映画監督で知られています。
日本では映画監督の方が有名ですが、政治活動への参加も積極的で
カリフォルニア州公認の共和党員であります。

彼の熱烈なファンも多いので大統領選挙でのトランプの支持
少なからず影響をあたえていたのかもしれません。
有名なクリントイーストウッドが何故、トランプを支持
していたのかという理由
をクリントイーストウッドの発言などから
推察してみました。

 

クリントイーストウッドは、2016年の大統領選挙に関して
こうコメントしていました。

「大統領候補は、(トランプもヒラリーも)どちらにも熱狂できない」

ただべつに

「トランプを支持せざるを得ないだろう」

ともコメントしています。

支持せざる、というのでやはりしかたなく支持しているという気持ちが
あるのではと見受けられます。

 

 

今回の2016年のアメリカの大統領選挙では、一般の市民も同じような
考え方であった人も多いようで、二人とも大統領として好ましくはないが
消去方でトランプを支持したという方も多いようです。

アメリカ国籍でお笑い芸人の厚切りジェイソンさんの
ブログにアメリカ人の友人にそのような方が多かったと書かれています。

まず忘れてはいけないことを言っておきましょう。どちらの候補も嫌だと思っていた人が多かったです。僕の周りにも「どっちも嫌でさっさとこのふざけた選挙が終わってほしい」と言っていたアメリカ人友達が少なくなかったです。

出典 – http://ameblo.jp/

 

一般市民からも嫌われ者の大統領候補の二人の内、クリントイーストウッドは
トランプへと投票
し。
ではなぜ、クリントイーストウッドはヒラリーではなくトランプを選んだのでしょうか?

 

クリントイーストウッドが、トランプを支持したその理由が見受けられる
のが下のコメントにあると思います。

 

「トランプにも評価すべき点はある。みんな陰では政治的正当性を問うことに疲れているはずだ。今はそうやってこびへつらう情けない時代。みんな薄氷を踏む思いをしながら生きてる。?あいつは人種差別主義者だ?と互いを責め立て合いながらね。俺が育った時代なら、トランプの発言が人種差別的だなんて言われなかっただろう」

 

クリントイーストウッドは少し曲がった発言しただけですぐに、メディアに人種差別主だなどと
とりだたされる現代のこの堅苦しい世の中を嫌気がさしているようにみられる。
さらには

「みんな、本当は“偏見や差別を含まない表現”にこだわることにウンザリしているんじゃないかな。みんな非常に注意深くなってる。人を人種差別主義者と責めたりしてな。」

などともコメントしています。

メディアへの批判をおそれずに、発言しつづけるこの時代と逆行しているような、トランプの言動
クリントイーストウッドは共感を受けたのかもしれません。

 

トランプを支持する マイク・タイソン

 

マイク・タイソン氏がトランプ氏支持を表明、米大統領選

タイソン氏は26日夜のインターネット放送「ハフポストライブ(HuffPost Live)」で、8年に及ぶバラク・オバマ(Barack Obama)政権の後にはビジネス志向の指揮官が見たいと語り、トランプ氏支持を表明した。

「彼(トランプ氏)は米国の大統領になるべきだ」「新しいことを試そうじゃないか。ビジネスのように米国を運営しよう。(ビジネスでは)肌の色は関係ない」「仕事ができる人が仕事を得るのだ」とタイソン氏は語った。

 

出典 – http://www.afpbb.com/

 

元ボクサーのマイク・タイソン、現役でないとはいえ数多く
のファンがいるので彼の言葉に共感する人も多そうです。

 

トランプを支持する アーロン・カーター

アーロン・カーター(28)が、過激な発言で世界中のメディアに注目されているドナルド・トランプ氏に「投票する」とツイート。これに大勢の人が猛反発したものの、アーロンは負けずにコメントを返している。

出典 – http://japan.techinsight.jp/

 

元スーパーアイドルのアーロン・カーターはツイッターでトランプを支持
しかし、多くの一般人に批判されているようです。

 

トランプを支持する デニス・ロッドマン

 

「ドナルド・トランプは長年、オレの大事な友人でいてくれている。オレたちに必要なのは政治家ではない。トランプ氏のようなビジネスマンなのだ。16年の大統領選挙には、ぜひトランプに投票を!」と呼び掛けるツイートを投稿。これを見たネット民は「またオカシい人が絡んできた」と大喜びし、「ドナルドが大統領になったら、デニスが駐北朝鮮アメリカ大使ってことで決まりだな」「いや、ぜひ副大統領に!」「デニスは女装させてファーストレディってことで」と大喜利を始める始末。

出典 – http://www.cyzowoman.com/

デニス・ロッドマンはドナルド・トランプがやっていたリアリティ番組
『アプレンティス』に出演していた。
デニスが、北朝鮮に訪問し、批判にさらされている所をトランプに擁護されたと
いう経緯もあるようです。

 

トランプを支持する ティラ・テキーラ

人とは違う荒れた生い立ちがある女性。
ティラ・テキーラもトランプを支持しています。

以下Wikipediaからのティラ・テキーラの生い立ち。

彼女は中学生の時に荒れて好戦的な振る舞いが原因で6ヶ月間、全寮制学校に行かせられた[6]。高校生になるとドラッグに手をつけ、ギャングに加わった。姉妹の身分証明書を使ってナイトクラブへ出入りした。彼女は伝記で、彼女自身が色々な個人や家族の問題により「混乱」して「損をしている」と感じ、15歳で処女喪失したと説明している。彼女は強力な感情を発散する為に、作詞を試みた。ギャング以外の友人が彼女の人生を助ける簡素な手伝いを行った。しかし、彼女は16歳のときにニューヨークのクイーンズに逃げた[7]。16歳の時にヒューストンで走行中の自動車からの銃撃を受けた。彼女は翌年妊娠したが、流産した。
テキーラは2000年にヘイスティングス高校を卒業した。モデルとなって2001年にカリフォルニアに移った理由として、テキサスでの悲惨な青春期を理由に挙げている。

 

トランプを支持する アジーリア・バンクス

 

アジーリア・バンクスがトランプ支持を表明、“人種差別”を擁護

 バンクスは一連のツイートの中でトランプと彼の率直な意見を擁護している。「トランプはおバカだけど、自分の組織の要求に従うよう調教されたり、プログラムされたりはしていないわ。トランプはアメリカを豊かにしたいだけ……私たち皆のためにね。そこがいいのよ」

出典 – http://www.billboard-japan.com/

ラッパーのアジーリア・バンクス、彼もツイッターでトランプを支持。
トランプの率直な意見に賛同しているようです。

 

トランプを支持する テレル・オーウェン

「アメリカに必要なものは、まさにこれだと思う。トランプは戯言に我慢ならないタイプだし、政府の運営を変えるのに必要なものを持っている」と言っている。

出典 – http://www.elle.co.jp/

 

元フットボール選手,リアリティショー・スターのテレル・オーウェン
ドナルド・トランプがやっていたリアリティ番組
『アプレンティス2 セレブたちのビジネス・バトル』の出場者。

 

トランプを支持する キッド・ロック

支持の理由として米『ローリング・ストーン』誌にキッド・ロックは次のように語っているという。「俺の感情があのど偉いビジネスマンを押すんだ。すんごいビジネスみたいなもんだよね。彼の選挙運動はクソ愉快だしさ。ビジネスじゃないみたいにやらないほうがいいんだよ。つまり、破産してる時に何のビジネスが生き残るのか?ってことなんだ」

出典 – http://nme-jp.com/

 

ロック歌手キッド・ロックも感情がトランプに支持を訴えかけている
ようで、トランプの愉快さをを気に入っているようです。

 

トランプを支持する ハルク・ホーガン

ハルク・ホーガンさんらもトランプ氏支持派で知られる。特にホーガンさんは昨年、トランプ氏が大統領になったあかつきには「副大統領になりたい」とメディアに語っている。

出典 – http://www.sankei.com/

伝説のレスラーハルク・ホーガンもトランプを支持
「アメリカン・プロレス界の顔」的な存在である彼の
ファンは多く、支持の影響力は強そうです。

 

トランプを支持する スティーブン・ボールドウィン

あけっぴろげなトランプを称賛。「トランプ氏は何かポジティブな変化をもたらしてくれると思う。アメリカをもう一度、素晴らしい国にしてくれるはずだ、間違いなくね」。完全に問題外。

出典 – http://www.elle.co.jp/

 

俳優のスティーブン・ボールドウィンはトランプを賞賛。
トランプのいままでにない変化を
もたらしてくれそうな気がしますね。

ドナルド・トランプを批判する女性有名人のまとめ

ドナルド・トランプは批判をうける発言ばかりをするので反支持が目立ちます。
特に女性への発言は思わしくないことも多く女性の有名人からは
かなり嫌われているよう
です。

トランプと敵対していた、クリントンは女性の支持があったように
思えますが、以外にも女性票が少なかったようでそこも選挙での敗因の要因だといわれています。
全体的に見ればわりと一般人女性にはドナルド・トランプは支持されているようです。

しかし、ドナルド・トランプは海外の女性有名人にはかなり嫌われているようです。
彼女たちは割と裕福な生活を送っていると思われます。
生活がかかっているような一般人女性とは選挙での考え方が異なるように
なってしまうのは仕方がないことかもしれませんが。

 

 

トランプを批判する マドンナ

マドンナはアメリカ大統領選候補のドナルド・トランプの二人の息子、ドナルド・トランプ・ジュニアとエリック・トランプがアフリカでの旅行中にヒョウを殺した写真を9月1日にインスタグラムで公開し、批判している。

 

出典 – http://nme-jp.com/

 

トランプを批判する アンジェリーナ・ジョリー

 

アンジーは「私から見ると、自由、特に信教の自由を求めて世界中から移住してきた人がアメリカを作っている。だからアメリカの大統領になろうとする人がこのような提案をすることは耐えられない」とコメント。トランプがイスラム教徒の入国禁止をはじめ、移民や難民の受け入れを拒否する政策を提案していることを批判したそう。

 

出典 – http://www.elle.co.jp

 

トランプを批判する シェール

「万が一“トランプ大統領”が誕生したら、私はこの惑星とはお別れしなきゃ。そう思っているわ。」

「アメリカを再び偉大にしよう―トランプ氏はそんなスローガンで支持を求めているけれど、本当はこう言いたいのよ。『アメリカを(性的に)ストレートな白人の国家にしよう』ってね。」

「あの男は、もう地球から落っこちてどこかに行けば良いのに。」

「ええ、私には分かるの。もしトランプが大統領になったら、世界は最悪な場所になり果てるわ。どんなに劣悪な状態になるか、今の私達には想像もできないと思う。」

 

出典 – http://japan.techinsight.jp/

 

米大統領選トランプ勝利後の有名人のコメント

 

以下は米大統領選でトランプ勝利したあとでの海外の女性有名人のコメントです。
トランプタワーの前デモなどに参加された有名人も多いようです。

 

アナ・ケンドリック

アナ・ケンドリックの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

「悪夢を見たような気分で目が覚めた。そしてまた泣き始めた。私の信念:私は一人じゃない、みんなも一人じゃない」
とツイート

 

アリエル・ウィンター

 

「アメリカ、あなたは失敗したわ。なんてザマなの。ありえない。トランプを私たちの大統領だと認めることなんて一生できない」

とコメント

 

 

オリヴィア・ワイルド

ヒラリーの闘いぶりを称え、「心から残念に思う」と慰めたうえで、トランプの勝利には「打ちのめされている」と発言。

出典 – http://woman.infoseek.co.jp/

 

 

ケイティ・ペリー

 

「じっと座ってないで。泣かないで。動きましょう。私たちは“憎しみ”が導くような国家ではないわ」

とツイートした。

 

アリアナ・グランデ

米大統領選でトランプ勝利が確実になると

「本当に恐ろしい」「私は泣いてる」

などとツイート

 

ジェシカ・チャステイン

「このすべてのことからわかるポジティブなことは、私たちは人種差別や性差別から解放されたっていうフリがもうできないってことね。問題なのは、さてどうするか?」

 

リン・マニュエル・ミランダ

「深呼吸しろって言ったじゃないか。(自分自身にも言い聞かせてるんだけどね)」

 

ラシダ・ジョーンズ

「人生を投げ出したい」

 

レディーガガ

トランプが勝利すると、トランプタワーの前で

「私は愛が憎しみに勝つ」
「優しさのある国に住みたい」

などとプラカードをもって抗議していた。

このレディーガガの抗議に対して、報道番組「news every.」で恥ずかしい
誤訳があったようだ。

トランプタワーでデモに参加するガガ

「Love trumps hate.」は、対抗馬のヒラリー・クリントン氏(69)が選挙キャンペーンで使用したフレーズだ。意味は「愛は憎しみに勝る」――トランプ氏の名前と、「~に勝つ」「~を負かす」といった意味の動詞trumpをかけている。差別的な発言を繰り返すトランプ氏を皮肉った標語である。

ところが、番組のナレーションでは「手に持ったプラカードに書かれていたのは、『トランプは嫌い』のメッセージ」と説明

出典 – http://www.j-cast.com/

 

 

ドナルド・トランプを批判する男性有名人のまとめ

ドナルド・トランプは批判をうける発言ばかりをするので反支持が目立ちます。
女性はかなりの有名人の批判が目立ちますが、男性陣もそれなりに
いるようです。
トランプを批判する有名人(男性)の情報、コメントなどをまとめたページです。

 

トランプを批判する スティーヴィー・ワンダー

 

「私の考えでは、ヒラリーは政治において経験豊富な人材だってことなんだ。30年間、政治に携わっているからね。彼女のご両親が、すべての人々を尊重して愛しなさいと彼女に親切に教えてくれたことは言うまでもない。そういう人にこそ私は国を治めて欲しいし、この国のリーダーになってほしい」

 

出典 – http://nme-jp.com/

 

スティーヴィー・ワンダーは遠まわしに自身の盲目と車の運転をたとえにして
トランプの政治経験のなさを批判していました。

 

 

トランプを批判する グリーン・デイ

 

「トランプには思いやりがないよね。彼は権力以外に共感できるものがないんだ。それが奴の欲しいものすべてで、それを手に入れるためには誰でも踏みつける。それで、そういう奴が核兵器のボタンに指を置くっていうのを考えると本当にマジで恐怖だよ」

「あいつはマジでヒトラーみたいさ。類似点は彼がムスリム、メキシコ人やアフリカ系アメリカ人といったマイノリティーに対して脅しの策略を使っているところだよ。人種間戦争も起こり得るだろうね」

出典 – http://nme-jp.com/

 

ジョー・アームストロングのコメントですが、ドナルド・トランプの性格からすると
戦争でも起こしかねないと危惧しているようです。

 

トランプを批判する ホーキング博士

 

「彼は扇動家。大衆の低俗な共通意識に訴えるものがあるらしい」

 

出典 – http://www.cnn.co.jp/

英国の著名人なのでそれほどの批判ではありませんが
トランプがアメリカの大統領に相応しくないということがコメントからうかがえます。

 

 

トランプを批判する ロバート・デ・ニーロ

 

「明らかな愚か者、くだらない人間、ペテン師」

「私が彼の顔にパンチを浴びせたい」

「彼を大統領にしたいと思っている人間がいるとは思えない」

出典 – http://www.cnn.co.jp/

などと、米大統領選で有権者に投票を促すインターネットのキャンペーン・ビデオ
の中で痛烈にドナルド・トランプを批判しています。

 

 

トランプを批判する スティーブン・キング

 

「トランプ:性差別主義のブタ、脱税者、徴兵忌避者、プーチンの友達、大嘘つき―それにアイツは共和党の大統領候補だ!」

「トランプについて書かれた物を読めば読むほど、そして彼の話を聞けば聞くほど、愕然としてしまう。民主主義者として、また人間としてではない。あの男は本当に嫌な野郎だ。」

出典 – http://www.excite.co.jp/

 

スティーブン・キングはtwitterでドナルド・トランプをかなり批判していたようです。
しかし、現在はtwitterを休止している模様。

 

トランプを批判する オバマ大統領

「私の人生で、あるいは現代政治史の中で、投票が始まってもいない時点で、選挙やその過程に疑惑の目を向けた大統領候補など、一度も見たことがない。前代未聞だ」

「無責任な話だ…大統領に期待するようなリーダーシップと強靭(きょうじん)さが全く見えてこない。試合が終わってもいないのに、もう泣き言を言い始めるなんて」

「物事が自分の思うように行かなかったり、負けたりした際に他人を非難し始める人物には、この仕事に求められる素質はない」

「トランプ氏には、泣き言を言うのをやめて、票を獲得できるよう自分の主張に専心すべきだと忠告したい」

 

出典 – http://www.afpbb.com/

 

オバマ大統領は選挙前からかなり、ドナルド・トランプの批判を
行っていたようです。
しかし、まさかトランプが大統領になってしまうとは。
このコメントからすると思ってはいなかったのではないでしょうかと感じられます。