ペナン観光スポットとランカウイ島 フェリーでの行き方

マレーシア 観光

ペナン島からランカウイ行きのフェリー
へ乗ってみたので感想をまとめ。

盗難などが気になったり荷物が大きい人
あまりお勧めはできないフェリーだと思います。

 

 

目次

ペナンからランカウイ島 フェリーでの行き方

ペナン ランカウイ フェリー乗り場 

ペナン ランカウイ フェリー乗り場のそばの時計台

ペナンからランカウイ フェリー乗り場の場所はわかりやすく
ジョージタウンの時計台のほぼすぐ横あたり
にあり。

バタワース行きジェティからは時計台の方へとまっすぐ
歩いていたらチケット代行みたいな店が多数ある。

 

 

ペナン ランカウイ フェリー 時間

ペナンからランカウイ行きのフェリー 時刻
ペナンからランカウイへはフェリーの時間は写真のように
PM2:00発
AM8:30発
があるようです

 

私がのったフェリーはPM2:00発のフェリーでした。
AM8:30に出発する便は人が少ないのかもしれません。

 

ペナンからランカウイ行きのフェリー 予約

いろいろなガイドブックなどに片道60RMと
書いていたが、チケット代行屋を通して予約したからかも
しらないですが片道70RMの値段でした。

ほとんどの店が共通して70RMぐらいだったと思います。
もしかするとフェリー乗り場で直接買うと60RMかもしれないので
節約したい方は試しに値段を聞いてみたほうがいいでしょう。

代行屋での予約は名前のローマ字を間違いまくって登録していた。
特におとがめもなく、ペナンからランカウイ行きのフェリーには
乗下できたので、今のところは問題はないようです。
パスポートの確認などもないので当然か。

気になる方はパスポートを直接見せて確認させるか
最初に名前のローマ字をよく確認した方がいいかもしれません。

 

 

ペナンからランカウイ行きのフェリー 船内

ペナンからランカウイ行きのフェリー 桟橋付近

乗車日はいまいちの天気

 

ペナンからランカウイ行きのフェリー 桟橋

桟橋のあたりではわりとどのようなフェリーと期待していたのですが

 

ネットなどで感想をみてもいまいちの評価が多数みられたので
なんとなくあまり良くないフェリーとは思っていたのですが。
入ってすぐになんとなく面倒な感じが。

 

ペナンからランカウイ行きのフェリー 4列シート

まずは4列シート、しかもかなり狭い、エアアジアのタイ行きの便
のシートに近いような狭さです。
しかもどこの国の方かもわからぬ観光客の隣に
まわりが嫌な感じの奴ばかりだと、不快な3時間になると思います。
(観光で来ている方がほとんどなのでそれほどではないとは思いますが)

 

ペナンからランカウイ行きのフェリー 窓
(窓側の席)

トイレもあるので、席が一番窓側でないかぎり、トイレに
いく方のために毎回席をゆずらなければいけません

 

船ということで少しですが、グロッキーになっている方
もいました。
備え付けの袋みたいなのもあります。

 

ペナンからランカウイ行きのフェリー 通路

そしてなにより、手荷物です。専用の置く場所なんてないので
このように通路上いたるところに乱雑に置かれています

セキュリティーもなにもあったものではないです。
さすがにこの中で盗みを働く奴はそれほどいないとは思いますが。

もし自分の席の近くに置けない場合は自分の目の届かない
場所に設置するしかないです
、後の方から入って来た場合かなりその可能性大。
たぶんでかいスーツケースだと通路が通れないので入口付近に
置くしかないです。写真では小さいスーツケースがおおいですが、もっと巨大な
スーツケースをシートの横にどかどかと置いている人もいます。

 

で上記したような、手荷物が心配な方であまり窮屈な席に
座りたくないという方におすすめな方法があります。

 

① 乗船した入口付近に座って待機

たぶん乗客と思われる方が数名この方法で、自分のスーツケースの
上に座って3時間すごしていました。
このフェリーはそれほど揺れないので、空いている場所ですごす方が
快適かもしれません。
ただバックパックだと地べたにしか座れません。

 

② 後ろの方で待機して、空いている快適そうな席に座る

私はこの方法を使いました。
ちょうどいい感じに、一番後ろの2列の席が発進してからもある程度空いていたので
ありがたく使わせていただきました。
ここに座れたので、かなり快適な3時間でした。
トレイのそばなので、ときおりフルーティな匂いが漂ってきます。

ペナンからランカウイ行きのフェリー 後ろの座席番号
(後ろの座席番号)

もし座席なんかを指定できるのであれば、1階の席は 130,131,132,133が
2列シートの席
です、まだ4列よりもましかと思います。
フェリーによって仕様が違うかもしれません。

 

 

私が、またペナンからランカウイ行きのフェリーを使かというと100%使いません。
たまたま今回はラッキーなだけだったので、3時間あの席に押し込めらると考えるといやですね。
しかも、電車でアロースターまで行ってフェリーに乗った方が安い

後で気が付いたのですが、飛行機だと便によってはエアアジアでいくと安いです
クアからチェナンビーチのタクシー代も、空港から歩けばかかりません。
(一般の観光客の方には歩くのはおすすめできませんが)。

 

 

ランカウイに到着。
ペナンからランカウイ行きのフェリー イーグルスクエア
この像をみるのは楽しみにしていたのですがいまいちの天気。
でも壮大な感じはしますね。
人気があるようなので、写真を撮られている方が多くいました。

 

ペナンからランカウイ行きのフェリー イーグルスクエア2

 

 

 

ペナン空港から入国しやっておきたい事

マレーシアではない別の国からペナン空港にはいってきた場合
やっておきたい事
をまとめてみました。
主に節約派の旅行者むけです。
ちょっと写真は取り忘れ。

ペナン空港はwifiフリーで使いやすいのでどこかに座って
情報を調べるのにもいいと思います。
ただ無料で座れる場所は少ないですが。

 

ペナン空港で両替する

事前に別の国でしていてもいいのですが、少額であればペナン空港でしても
問題はないと思います。
飛行機からおりてペナン空港に入ってくると1階につくと思いますが。
(エアアジアがそうだった。)

ややわかりづらい感じです。
2階にいけばわかりやすい場所に両替所があります。

ペナン空港のインフォメーションの地図をみればだいたいわかると思います。

タイから初めて入ってきたひとならやってしまうかも
しれませんが、空港の両替所はレートが悪いとだいたいわかって
いると思うので、ペナン空港から徒歩で町にでればいくらでも両替所なんてあるだろう
と思ってちょっと出てから両替してみるかなどと考えたりするかもしれません。

いざ実際にやってみると、たぶん数分歩いて
こりゃ車無理だな、などとと感じることと思います。
ちょっと歩くだけでもかなり疲労感ありますのでやめておきましょう。
かくいう私もやってしまいました、他のバックパッカーの方も何名か
同じことを考えていたのか、途中で引き返してきていました。

両替する場合は、小額紙幣を多めにしてもらっておいたほうがいいでしょう。

 

ペナン空港でラピットパスポートを買う

これはあまりバスを使わない場合は買う必要もないですが。
バスよく使う人は買っておいたほうがいいでしょう。
毎回、なれない国の通貨の細かい金額を
確認して払うのはちょっと煩わしい感じですし、大きい紙幣で払うと
お釣りは帰ってきません。

行く先などを車掌に尋ねられたりします、後ろに人がまってたりすると
やや気を使いますのでスムーズに行うためにも
ラピットパスポートを買うのをお勧めします。

金額も7日間無料で30リンギットとまあそれほど高額ではありません。
(といっても30リンギットでも屋台飯はそれなりに食えますが)

地図がついてきますので、車掌に行先を聞かれた場合も
地図を指さしてここにと伝えたらほぼ問題ない感じです。

購入の際にパスポートが必ず必要なのもペナン空港で買っておいた
ほうがいい理由の一つです。

ペナン空港以外で買う場合は、ウェルド埠頭(Weld Quay)
のバスターミナル
のところで購入することができます。
以下の写真の真ん中あたり建物です。
2つカウンターがありますが、左の方です。

 

ウェルド埠頭(Weld Quay)のバスターミナル

この場所音がうるさくて、カウンターの言っている人の事が
やや聞き取りづらいです。

だいたいの流れは。

  1. ラピットパスポートをください。
  2. パスポートを出せと言われる
  3. パスポートを渡す(ここでもっていないとホテルに取りに帰ることになる)
  4. カウンターの人が何かの作業をしたあとに、30リンギットだと言われる
  5. 支払うとラピットパスポートが手に入る。

 

ペナン空港でラピットバスに乗る

最初はたぶんこれに苦労すると思います、かなりの旅行者が
ここに行くのかと聞いては戻されるを繰り返していました(笑)

だいたい節約派の方はジョージタウンにいくかとと思われます。

ペナン空港からジョージタウンへのラピットバスの番号は401Eです。
401ではないので注意してください。

401に乗ってジョージタウンに行くのかと聞いても
「違うジェティーだ」

という言葉が返ってくると思うので、間違わないように

最初はエイティかなどと思って80番のバスなんか無いんじゃないの?
とか思っていましたがJETIとのようでした。

ペナン島のおすすめ観光

ペナン 観光におすすめ ラピッドバス 1週間約800円で乗り放題

ペナン ラピッドバス 101番,102番
に乗って気になった事をまとめておきます。

ジョージタウンすぐそばにあるJETIの
バスターミナルから出発します。

ペナン 観光 ラピッドバス200番以降の行先
(こちらはラピッドバス200番以降の行先の写真)

200番以降のバスが出発する場所は別の場所
101番,102番などに乗る場合はすぐ横のバスターミナルです。

ラピッドバス 101番,102番のバスは、ペナンの有名な観光地を巡る
バスですので、短期旅行者の方でも乗る機会も多い
思います。

観光とはそれほど関係のないことですが、私が確認したとき
ラピッドバスの使っているタイヤは

 

前輪がコンチネンタル(CONTINENTAL)
後輪がMICHELIN(ミシュラン)

のタイヤを使っているようでした、ペナンだけでなく
クアラルンプールでも何台も確認しましたがすべて
同じ構成だったと思います。
どちらもしっかりとしたブランドで足回りは安心感は
ありそうな感じです。

 

ペナン ラピッドバス 101番102番 観光地

テスコにも止まりますので、安いばらまきみあげなどを
買うのもいいかもしれません。
1RMのテスコブランドのお菓子がありますが
日本のものと比べても問題なくおいしいです。
安いからといって空気だけを多量に入れてごまかしているわけとかも
なく普通に日本で100円ぐらいで売っているものみたいな感じです。
手に粉がたっぷりとつきまくりますが。

 

ペナン 観光 ラピッドバス

ペナンでラピッドバスのみで観光する方は
短期旅行でもラピットパスポート(7日間無料パス)が役に
立つと思います。
30RMと少し値段がしますが、1日何回も乗ったりしたり
ナショナルパーク、バトゥ・フェリンギに行く予定の方
はJETIからの往復でもそれなりにするのですぐに元は取り戻せます。
パスポートが必ず必要なので購入する際は忘れないように。
大きいマップやポケットマップがおまけでついてくるのも
なかなか役に立ちます。

 

バスの中はこんな感じです。

 

ペナン 観光 ラピッドバスの車内

わりと綺麗です、椅子は固い素材のものです。
マレーシアは雨が多いときは多いのでシートとかつけるのは
難しいでしょうね。

混雑すると、揺れる場所で立ってるのはかなりつらい
と思います、カーブとかがきつい場所だと高確率で
人の所へ倒れこむことになるので注意。
嫌な人は座れる場所から乗ったほうが無難です。

バトゥ・フェリンギあたりの、混雑する場所で
観光客の白人のおばさんとかが乗ってたりすると
かなりハッスルしたりします。

 

赤いボタンを押して降りたい場所で降りることができます

しかしこのボタンを押して降りたりできる機能が
あるせいかかなり遅れたりすることもあります。

 

ラピッドバス 遅れ

土曜日でしたが、ガーニードライブからバトゥ・フェリンギ
方面に行くラピッドバスが3数時間ぐらいこなかった事がありました。
しかも来たと思っても人が多く乗りすぎていて乗り込み禁止。

夕方あたりからの利用者が多い時間帯などは遅れる可能性が多いようです。
短期旅行者の方で予定がつまっている方は
ある程度余裕をもって利用したほうが無難かと思います。

ラピッドバス 101 102番ではないですが
ペナンヒルでも遅れてきたこともありました。

遅れることも多いのがたまに傷ですが、安くて本当に役に立つバスです。
他の国のバスと乗り比べてみると良さがよくわかります。

 

バタワースからペナン行きおすすめフェリー 往復約30円

バタワースからペナン行きフェリー ペナン港付近

 

バタワースからペナンのフェリーについて往復で何度も乗ったので
気が付いた事をメモ。

日本円にして往復、約30円程度で乗れるフェリー。

 

バタワースからペナン行きフェリー 料金

 

バタワースからペナン 1.20RM (料金支払いのみ)

ペナンからバタワース 無料 (何の手続きもいらずに乗り込める)

 

バタワースからペナンのみ料金が必要
入場する支払いがコインのみ
コインをいれたらよくプールの入り口ににあるような
ものを押して前に進む

横のカウンターみたいなのは紙幣をコインに変える所
たぶん0.50RMを2枚とか都合よくもってる人はあまりいない
とおもうので1RMを両替してもらう。

 

バタワースからペナン行きフェリー 行き方

バタワース方面の港は
電車バタワースの駅から直結している。

余談だけど、バタワースの駅のクーラーがかかっている部屋で
菓子などを食ったりしてると怒られるので注意。

ペナンではかなりのバスがここの近辺にあるバスターミナルに最後に到着する。
JETI(ジェティ)というようだ。

 

バタワースからペナン行きフェリー 景色など

入場時に先頭付近に並んでいて、入場開始にちょっと小走りで先頭を
とれば後は歩いてすきな場所を確実に取れると思う。
(ほとんどの人はゆっくりと歩いてはいってくるので)

乗る時間帯は昼ごろか夜の景色がおすすめ
夕方や朝はやや薄暗くていまいちが多い。

バタワースからペナン行きフェリー ペナンの街並み
(昼の景色)

バタワースからペナン行きフェリー 夕方
(夕方の景色)

バタワースからペナン行きフェリー 夜景
(夜の景色)

 

フロントのオーシャンビューが人気で人が多い。
この近辺に赤い箱みたいなのがあるのでそこに座ってもよいようだ。

バタワースからペナン行きフェリー 橋
(橋のかかっている側、夜になるとライトアップされる)

サイドに行く場合は、ペナンからバタワースの橋がかかっている方が綺麗
特に夜の場合はこちらがおすすめ
ペナンからなら向かって右側で、バタワースからなら向かって左側

 

バタワースからペナン行きフェリー その他

バタワースからペナン行きフェリー 売店
バタワースからペナン行きフェリー トイレ

船のなかでも売店、トイレもある。

バタワースからペナン行きフェリー 1階

1階に車や、バイクが多く乗る。

バタワースからペナン行きフェリー 2階
2階に乗客と車がのる。

時々、車についてるアラームみたいなのが爆音で鳴るときがあり、高確率で発生する。
(このときびっくりしてスマホやカメラを海に投げ込まないように、
真横の車だとかなりデカい音なので要注意。)

バタワースからペナン行きフェリー 椅子

両サイドには椅子があるが固く、ややお尻がいたくなる。

下のほうにまで柵が開いているので、スマホや財布を落とさないように注意。

 

 

ペナン おすすめ観光 ガーニードライブ ガーニープラザ

ペナン 観光 ガーニープラザ

ペナンの観光地 ガーニードライブ ガーニープラザに行ってみたので
気になったことをまとめておきます。

 

 

ガーニードライブ ガーニープラザ 行き方

ラピッドバスでは101番102番で行くことができます。
ガーニープラザではよく人が下車するので他の観光地に
行く場合でもほとんどガーニープラザの前でバスが止まっていました。

わりとどちらも近いので、どちらかに行ってから徒歩で
移動とかいうのもできます。

ガーニードライブ ガーニープラザどちらも
JETIから向かった場合ラピッドバスで降ろされる場所の反対側に
バス停がない
ので
(ちゃっかりとどちらもタクシー乗り場はある)
多少歩いて別の場所からラピッドバスに乗らないといけないので
先に戻る乗り場を確認してから店を回ったほうがいいかもしれません。
特に店で買い込んで荷物がいっぱいとかになるとタクシーを
使うしかないかも。

 

ペナン 観光 ガーニープラザ

ペナン 観光 ガーニープラザ店の中 中国正月

他の安い屋台などと比べるとわりと高い外国人向けの店が多いです。
それでも短期旅行者の方などあれば、10RM~20RM程度とそれほどの
値段ではないので結構いろいろ食べ歩いたりできると思います。

 

一番上の階には回転寿司の店あり、回転寿司に似ている状況で外国人が
ネタにして会話していたこともあるのでやはり日本人以外には珍しいのでしょうね。

ペナン 観光 ガーニープラザの吉野家

吉野家もあり、Japan,s No1 Beef Bowl。
値段は並が13.80RMぐらいで日本で食べるのと大差ない値段でした。

ダイソーもあり、バンコクのダイソーでは少し高いのですが
こちらは5RMぐらいでほとんど日本と変わらないような値段で販売されていました。
商品や店構えが日本と同じなのでわかりやすいです。
旅先でちょっとだけ足りないものの買い足しなどに助かります。
とはいえマレーシアには2RM均一の店もあるので、実はそれほど安いとはいえません。
やはりこちらも外国人向けの店でしょうか。

 

ペナン 観光 ガーニードライブ

ペナン 観光 ガーニードライブ前の標識
(ペナン 観光 ガーニードライブ前の標識)

ペナンの観光地 ガーニードライブは安い屋台屋が多数集まっている場所。
土曜にいったときにはかなり店は多かったです。
5RM前後の店も多くて庶民的な価格です。
人が多くてちょっとテーブルなどが少ないんじゃないかと
思うぐらい。

しかし、平日に行ったときは中華の屋台がほとんどで
店の数もそれほどなかったです。
日によってことなると思うのでガーニードライブに行く場合は
ある程度調べてからいった方がいいでしょう。

トイレは有料で0.20RM

ガーニードライブも土曜日にラピッドバスでバトゥ・フェリンギ
方面へ向かうバスがかなり遅れたこともあるので使う方は要注意。

ペナンおすすめ 観光 ペナンヒル ケーブルカー

ペナンヒル ケーブルカー 窓

ペナンヒルのケーブルカーに乗ってきたのでメモ
どちらかというと、グループで行くなどの人だと楽しめそうな場所です。

 

ペナンヒルのケーブルカーは結構運休している日が
多い
ようですので、ホテルの方などに
確認を取ってもらってから行ったほうが良いでしょう。

後に書きますが、特にラピッドバスで行き帰り行く方は要注意。
丸々半日つぶれるかもしれません。

 

ペナンヒル ケーブルカー 場所

ペナンヒル ケーブルカー バス番号

Penang Hill(ペナンヒル)
ラピッドバスでは写真に記載されているように
204番のバスで行くことが可能。

最終の停留所なので、ラピッドパスポートをもっている
人は運転手に聞かずに乗ってもそのまま付きます。

ラピッドバスでJETIのバスターミナルから、それなりに
時間かかりますので
ケーブルカーが運休しているとだいぶ時間がもったいないです。

 

ペナンヒル ケーブルカー 料金

外国人は往復 30RM 片道15RM

ペナンヒル ケーブルカー 帰り道

なぜ片道があるかというと、頂上から下のほうまで
道がつながっているようで、徒歩でもおりることができそうです。

ペナンヒル ケーブルカー マップ1
ペナンヒル ケーブルカー マップ3
ペナンヒル ケーブルカー マップ2

写真の地図では道がつながっている。
しかし、徒歩で実際おりたわけではないのでやるかた自己責任で。
(知っていたら間違いなくやっていましたが)

少し昔のガイドブックペナンヒルケーブルカーの料金は
6RMと書いていたのでかなり値上げしてきたみたいですね。

 

ペナンヒル ケーブルカー 乗り場

入場口と出口を間違えやすいと思いますが、チケットを買って
写真撮影みたいなのをしている方へと歩いていけば
そちらがケーブルカーの入り口です。

 

ペナンヒル ケーブルカー

ペナンヒル ケーブルカー 展望山

この日はあいにくの天気、本当は晴れていた日に行っておきたい
ところでしたが、滞在していたほとんどの日がケーブルカーの運休でした。
滞在最後の方この日だけ乗れるチャンスがあったので
せっかくだから乗っておくことに。

ペナンヒル ケーブルカー 室内
ペナンヒル ケーブルカー 座席
ペナンヒル ケーブルカー シート

このような感じのどこにでもありそうなケーブルカー
頂上までは割とすぐにつく感じです。

 

ペナンヒル ケーブルカー 展望海

で、頂上 晴れていたらと思いますが残念。

 

ツアーや団体の客が多いです。
マレーシアにきて、タイ人の観光客を初めてみたような。

 

ペナンヒル ケーブルカー 展望海2

日本人のツアーの客もいたようで、ガイドが日本語で
このあたりの説明をしていました。

 

ペナンヒル ケーブルカー 展望街並み

頂上にはいろいろな店があります。(ちょっと雨で写真とりわすれ)
フクロウの博物館かなにかもありました。入場料は12RM

 

雨も厳しくなってきたので、そうそうに地上に戻ります。

ペナンヒル ケーブルカー 入口

そしてラピッドバスの停留所で待機、ここに戻った時間は
18:00
ぐらいだったと思います。

 

待ちますが全く来ません。
ペナンヒルに到着するのがほとんどがラピッドバス以外の観光バス
目の前にはタクシーが多数待ち受けています。
ここであきらめる人はタクシーに乗って帰っていきます。

 

待ち時間がかなりつづきますので、白人同士や現地民など
英語での会話がはじまります。
この待ち時間がつづく間、英語が堪能なかたなどは
いろいろな方とコミュニケーションしてもいいかもしれません。

ラピッドバスが到着しますが、どうやら到着したバスは運行しないよう。
白人観光客が運転手に質問攻めにします。
このあたりで盛り上がるのが外国人旅行者のいいところですね。

 

ケーブルカーでペナンヒルに行っているとき
よりもこの待ち時間のほうが長かった
のはいうまでもありません。

でJETI行きのラピッドバスが到着したのは、なんと21:00でした。
約3時間以上も待たされることに。

 

もし夜あたりからラピッドバスを待つのは注意しておいたほうが
いいと思います。
ラピッドバスの運行はシーズンによって違うと思いますが(冬のシーズンは)
11:30で終わりでちょうどにバスが来てももうバスは終わりだと言われます。(経験者談)

タクシーは深夜料金になると、5割り~2倍の料金になるよう
ですのでペナンヒルにラピッドバスで行き帰り行く方は要注意。

 

ペナン おすすめ観光地の植物園 Botanical Garden

ペナン 観光 植物園 入口付近

ペナン 観光 植物園 Botanical Garden

 

ペナン 観光地の植物園 Botanical Garden
へ行ってきたので気になったことをまとめ。

植物や自然が好きな方にはおすすめできる公園であります。
30ヘクタールとかなりの面積があり、座る場所などがいろいろなところに
あり、園内でゆっくりとくつろぐことができます。

ペナン 観光 植物園 ベンチ

 

ペナン 観光 植物園 Botanical Garden 行き方

ラピットバスのT10番にのり、最終下り場が
ペナン 植物園になります。

10番のバスに乗り、運転手にはBotanical Garden
で伝わると思います。

 

ペナン 観光 植物園 Botanical Garden 料金

無料

入園するのに手続き等もいりません。

 

 

ペナン 観光 植物園 Botanical Garden

 

到着したときに、横に射的場かなにかがあり
音がしてちょっと、と思いますが 植物園の中に入っていくと
それほど気にならなくなると思います。

 

ペナン 観光 植物園 サル

ついてそうそう、ミニモンキーの群れが
お出迎え、観光客が餌を与えるのかペナンの他の場所でもよく入口あたりで
サルをみることが多いですね。

 

ペナン 観光 植物園 入口付近2

無料なので、手入れも全然とされていない公園なのか
などと思っていましたが園内はかなり綺麗にととのっています

 

入口付近にジュースの自販機がありますので
喉が渇いたら一杯いかがでしょうか。
私は、マンゴージュースのカップ1RMを買いましたが
小さいカップかと思ったら大きいサイズのカップ
でした。

 

ペナン 観光 植物園 開けた場所

入口からまっすぐに歩いていくと、芝生できれいに
整備されて開けている場所もあります。

 

 

ペナン 観光 植物園 ビスマルクヤシ

この通りビスマルクヤシもしっかりと
ペナンの観光地ではいろいろな場所でよくみられますね。

ペナン 観光 植物園 ヒメジョオウヤシ

他には珍しいヒメジョオウヤシなども、これはわりと南国ではどこでもありますね。

 

植物の数もかなり豊富で、日本であれば有料であるような
植物園のようです。

 

ペナン 観光 植物園 鍵がかかった場所

時間帯や日にちが悪かったのか、鍵がかかって入れないような
場所もありました。
ここに置いている植物が割と値段がする植物が多いです。

 

ペナン 観光 植物園 古び建物
ペナン 観光 植物園 古びた建物2

ちょっと中に入れば、おもむきがあるような場所も

 

夕方頃にいくと、現地民の方などがかなり多く
ジョギングをされているので、ちょっとくつろぎづらいかなと感じました。

 

ガイドブックにはここからペナンヒルまでつながっていると
書いていたので、ペナンヒルにいくのにケーブルカーを
使いたくないなど考えている体力のある方は徒歩でいってもいいかも
しれません。

ペナン おすすめ観光 バトゥ・フェリンギのビーチ

ペナンのビーチ バトゥ・フェリンギに行ってみたので
気になった所などをメモしておきます。

ペナン バトゥ・フェリンギ バス停付近

 

写真のこのあたりがラピッドバスが止まるポイント

 

 

バトゥ・フェリンギのビーチには
ラピッドバス停からは少しテロッ・バハン方面へと歩いていく必要があります。

 

バトゥ・フェリンギのラピッドバス停付近にある店は24時間営業の店が多くあります。
マックも24時間営業で、wifiのスピードはそこそこといった所です。
普通にネット観覧するだけなら問題ないレベル。

 

ビーチ出入り口付近には、有料ですがシャワーなどがあります。
足を洗うだけなら0.20RM、シャワーは1RMぐらいだったかと思います。

 

 

バトゥ・フェリンギはペナンを代表するビーチなようです。
海の綺麗さは、私が行った時はまずまずと行った所。

 

 

 

ペナン バトゥ・フェリンギ

写真のような感じの海です。

 

 

 

ペナン バトゥ・フェリンギ 海の透明度

写真のように透明度はいまいちですが、マレーシアは天気がいいときはかなりよく
日本でいえば7月,8月の空のようで、海水浴シーズンを思い出して
うれしい所です。

ペナン バトゥ・フェリンギ 空

 

 

入口付近にはそれなりに人が集まっている感じですが
物売りもそれほど多いというわけでもありません。
所々にぽつぽつと人がいるので、誰もいないようなビーチよりも
過ごしやすいかも。

 

 

一人や少数できても、それほどいずらさみたいなのを
あまり感じないかと思われます。
一人で読書している方や日焼けしている方などもちらほら見かけました。

 

 

ペナン バトゥ・フェリンギ 木陰

泳いでいる人は、多少はいるという感じで
ほとんどの人が写真のような木陰でくつろいでいるような感じ。

 

 

 

マリンアクティビティなどの店が点在していますが
売り子はひつこくなく、それほど声はかけられない
かと思います。
マリンアクティビティはパラセイリングやジェットスキーなど。

 

 

もし英語が得意でなくてパラセイリングをやって見たい方は
日本語がかなり得意なパラセイリングのおじさんがいました。
ほぼ完璧にマスターされてますので安心感あると思います。

場所は、ビーチに入って左側にひたすら歩いて、防波堤みたいなのが
見えてきた所にいるかと思われます。
ただかなり歩く必要あり、入口から徒歩20分ぐらいだったでしょうか。

 

ペナン おすすめ観光 国立公園 ナショナルパーク

 

ペナンの観光地 国立公園へ行ってみたのでメモ
人によってはかなり感想がことなる場所となる
場所であると思います。

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク 道

気に入ると思われる人は、山の中などの自然を散策
するのが好きな人
や、多少苦労してもプライベートビーチ
みたいな所で過ごすのが好きな方などでしょうか。

公園内にはキャンプサイトもあるようです。

 

 

ペナン 国立公園 ナショナルパーク 行き方

地名はTeluk Bahang(テロッ・バハン)という場所あたりにある。
Penang National Park(ペナン国立公園)

 

バス番号101,102のバスの終着地点。

私が、バスの運転手に行先をフォレストナショナルパークと言ったら
運転手がナショナルパークと聞き返してきたので
ラピッドバスの運転手にはナショナルパークだけで伝わるはず。

 

バス番号101,102は途中でバトゥ・フェリンギのビーチが
あり混雑する可能性も多いので
JETIのバスターミナル付近から乗って座っておくことをお勧めします。

 

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク 料金

料金は無料です。

トイレも無料だったと思います。

パスポート自体は必要ではないと思いますが、パスポートナンバー
やその他いろいろと記載する必要
があるのでコピーか
控えみたいなものは持っていかないと記入できずに入園できないと思います。

宿泊先なども記載する必要があったので、これも忘れずに。

 

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク 入り口付近のサル
こちらでも入口付近にサルがいました。

 

ガイドブックにいろいろと書いてあったので
植物などを期待して行ったのですが、植物はあまり種類が
豊富でなく、ある程度の種類しかないのであまり
植物のほうには期待しないで行ったほうが良いと思います。

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク トゲのあるヤシ
(トゲのあるヤシ)
ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク タコの木
(タコの木)
目立つのはこの二つの植物ばっかりです。

 

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク 階段

ほとんどが、登山道みたいな道で現地の植物でうっそう
とした森の中を進んでいくことになります。
気温が高いのである程度熱いですが、森の中を進むので日光が遮断されています。

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク 小川の橋
(道の途中にはこういう小川がよく流れています)

水はそれなりにもっていった方が快適でしょうがほどほどに
あまり重すぎても余計にしんどくなると思いますので

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク 倒れている木
(道にはこんな倒れている木も)

 

服装は暑い中でスポーツをするような服装で挑んだほうが
いいと思います、遠い地点にまでいくとかなり汗だくになります。

靴はサンダルでもいけなくはないのですが(私はサンダルで行った)
普通の運動靴のほうが安全かと思います。
道は登山道みたいな感じですが、道のところどころに海の砂が
ほんの少しつもっています。

 

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク ビーチへのつり橋
(この吊り橋を渡ると、ビーチが見えてくる)

やや遠いですがプライベートビーチのような場所があります。
私が行った場所は、キャンプサイトの近くにある湖の近くにあるビーチです。
ほとんど誰も人がおらずに、砂浜もかなり綺麗でした。
海の透明度はバトゥ・フェリンギと同じぐらい。
ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク ビーチへの入り口

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク 砂浜河口

ペナン 観光 国立公園 ナショナルパーク ビーチ
素早くいけば1時間ぐらいでつきます、ゆっくりと行ったら1時間30分
ぐらいでしょうか