モランボン楽団のメンバー

海外

モランボン楽団のメンバーの写真画像
出典 – http://www.jiji.com/

モランボン楽団で人気の高いとされる(元)メンバー

  • パクミヒャン(パク・ミギョン)
  • リュジナ(リュ・ジナ)
  • ソヌ・ヒャンヒ
  • ヒョン・ソンウォル

4名のモランボン楽団のメンバーについての情報を記載しておきます。

 

モランボン楽団 メンバー パクミヒャン(パク・ミギョン)

 

モランボン楽団 2014年に行われた講演で、
女声独唱「熱い情」を熱唱したモランボン楽団の
メインボーカルのメンバーです。
さすがにパクミヒャン(パク・ミギョン)は
メインボーカルということでモランボン楽団の動画などでは
よく映っている
のが見ることができます。

 

モランボン楽団 メンバー リュジナ(リュ・ジナ)

モランボン楽団 ボーカルメンバーの一人がリュジナ(リュ・ジナ)
2013年12月に、功労国家合唱団に移ってから
「希望あふれる我が祖国よ」
「彼なしでは生きられない」を発表しています。

発表後に、またモランボン楽団のメンバーへと戻りました

モランボン楽団では、普天堡電子楽団版カバーの「我らは勝利者」
2015年4月発表の「私の心」などの歌を出しています。

 

功勲国家合唱団(こうくんこっかがっしょうだん)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の正規軍の朝鮮人民軍の合唱団。
「功勲国家合唱団」は、1947年に設立された朝鮮人民軍協奏団の一部門「朝鮮人民軍合唱団」として、同年、4月30日に「金日成将軍の歌」を最初に公演した。1992年に「朝鮮人民軍功勲合唱団」と改称して1998年9月に朝鮮人民軍協奏団から分離独立した。2004年4月に「朝鮮人民軍功勲国家合唱団」、さらに2007年7月に「功勲国家合唱団」と改称された。朝鮮の声放送の日本語放送では、「功労国家合唱団」となっている。

出典 – 功勲国家合唱団 wikipedia

モランボン楽団 メンバー ソヌ・ヒャンヒ

 

ヴァイオリンの相当な名手で、モランボン楽団では
第1ヴァイオリンを勤め、楽団の楽長をしていた
人物がソヌ・ヒャンヒです。

今は楽団の楽長ではなく、レギュラーメンバーからも
外されてしまったようすです。

現在は、変わりのメンバー チャ・ヨンミがソヌ・ヒャンヒの
代わりのポジションを持っています。

その為に、ソヌ・ヒャンヒはモランボン楽団で粛清された
と噂がある人物です。

今のモランボン楽団ではヴァイオリンの
名手のソヌ・ヒャンヒがいないためか、

「曲に厚みがない」「面白味もない」
という意見も多いです。

韓国などでは、格下げ、粛清されたとのの噂が立っています。

 

モランボン楽団 元メンバー ヒョン・ソンウォル

過去にモランボン楽団の団長で元メンバーであったのが
ヒョン・ソンウォルです。

モランボン楽団では美人で有名だった彼女は
金正恩第1書記の愛人だとの噂もありました。

ヒョン・ソンウォルの父は金正日総書記で
その父の大反対で金正恩第1書記と別れたという過去が
あるようです。

2013年9月に聖書の所持などで、ニュースになっていました。

2006年には金正恩第1書記と別の男性と結婚したヒョン・ソンウォル
ですが、未だに金正恩第1書記との関係があったようで、2013年9月の事件などでも
問題なくされているようです。

モランボン楽団 メンバー その他

ボーカルメンバー

  • ラ・ユミ
  • リ・オクァ
  • リ・スギョン
  • パク・ソニャン
  • チョン・スヒャン
  • チョ・グキャン
  • キム・ユギョン
  • キム・ソルミ
  • リ・ミョンヒ
  • キム・ヒョシム
  • オ・スヨン

演奏家のメンバー

  • チョ・ギョンヒ(ギター)
  • チョン・ヘリョン(ベース)
  • ハン・スンジョン(ドラムス)
  • ホン・スギョン(ヴァイオリン)
  • チャ・ヨンミ(ヴァイオリン)
  • キム・ウナ(ヴァイオリン)
  • ユ・ウンジョン(チェロ)
  • リ・ヒギョン(シンセサイザー)
  • キム・ヨンミ(ピアノ→シンセサイザー)
  • キム・ジョンミ(ピアノ)
  • チェ・ジョンイム(サクソフォーン・メタルクラリネット)

 

モランボン楽団のメンバーと同じカテゴリ