ランカウイの交通

マレーシア 観光 ランカウイ島

ランカウイは公共交通はほとんど発達していない。
公共交通のバスや電車などは、一切ない。
(ツアーなどのバスはあるようだが)
なので移動ではタクシーかレンタカーなどが一般的になる。

 

ランカウイの交通 料金

 

ランカウイで利用する際のタクシーなどの
料金一覧を以下にまとめてみた。

ランカウイ タクシーの料金 ランカウイ空港から

  • パンタイ・チェナン 18RM
  • パンタイ・テンガー 20RM
  • パンタイ・コック 20RM
  • ブラウ・ベイ 20RM
  • ハーバー・パーク 24RM
  • クア 24RM
  • アイル・ハンガッ 25RM
  • タンジュン・ルー 30RM
  • ダタイ・ベイ 60RM

 

ランカウイ タクシーの料金 フェリーターミナルから

  • パンタイ・チェナン 24RM
  • パンタイ・テンガー 24RM
  • パンタイ・コック 40RM
  • クア 6RM
  • タンジュン・ルー 30RM
  • ダタイ・ベイ 60RM

乗り合いタクシーであればかなり安いようであるが
のっているのはおそらくマレーシアの人が多く、難易度が
高そうな雰囲気である。

 

ランカウイ レンタカー、レンタルバイクの料金

いろいろ観光地を見て回りたいという人は
レンタカー、レンタルバイクがおすすめ。

レンタルバイクの料金は日本に比べてもそれほど変わらないぐらい

  • レンタカー(1日) 約 100RM~200RM
  • レンタルバイク(1日) 約 30RM~100RM

ランカウイと比較すると、インドネシアのバリ島は
レンタルバイクの値段がかなり安い
(壊したときに請求される金額が怖そうであるが)

 

ランカウイの交通 徒歩でいくのは

 

節約派の旅行者であれば考えることだと思う
徒歩や自転車で移動であるが、かなり厳しいと思っておいた
ほうがいい。

 

ランカウイの交通 バイパスのような道

写真のように日本であれば、バイパスのような
歩行者や、自転車がまったく通らないような道を延々と
進み続けることになる。

周りに店もない場所も多く現地の人は車かバイクのみなので
間違いなく、一目で観光客であることがわかる
体力があってもあまりおすすめはできない。
しかし、自転車でクアからパンタイ・チェナンまで行っている白人旅行者は
何度かみかけた。

 

ランカウイの交通 ブキッ・マルト通り

パンタイ・チェナンに通じる
ブキッ・マルト通りなどは、さらに道が狭くなる。

 

節約派の旅行者はおもに最初にタクシーなどで目的地へ行き
すごすこととなる。
パンタイ・チェナンなどから、他の近い観光地までは
タクシーで往復50RM~ぐらいかかる。
何人かでシェアすると安くなるので、行動力のある人は
やってみてはいかがだろうか、なかなか都合よく同じ場所に
行く人は見つからないかもしれないが。

 

ランカウイの交通と同じカテゴリ

 

ランカウイの交通
を見ている人は他にこんなページもみています

ランカウイ島 ビーチ マリンアクティビティの料金
ランカウイ島 ビーチ マリンアクティビティの料金

ランカウイ マリンアクティビティの料金 ランカウイで楽しめるマリンアクティビティ は以下のようなものがある。 パラセイリング ジェットスキー カタマラン バナナボート カヌー、カヤック 水上スキー ウインドサーフィン   ランカウイ パラセイリング……

ランカウイ ショッピング クア レートの良い両替所
ランカウイ ショッピング クア レートの良い両替所

ランカウイのクアあたりのエリアでレートの良い両替所 を探してみて、いろいろな場所の両替所のレートを 調べてみたのでまとめてみた。 ランカウイはペナンなどに比べると両替所自体が 少ないと感じる。 両替の看板などがあっても、すでに店自体がなくなっている 所もあった。 短期旅行で時間が少ない人はレートが多少悪くても 見つけた両替所で交換するほうがいいかもしれない……

ランカウイ ショッピング 観光 ランカウイモール
ランカウイ ショッピング 観光 ランカウイモール

マレーシアの海外旅行でランカウイ島の ランカウイモールに実際に行ってみたので 感想などをまとめてみた。   ランカウイモール 場所 フェリーターミナルから112号線をまっすぐにいくとある。 日本系列はKFC、ピザハット、セブンイレブンなどがあるのでそのあたりが そのあたりがランカウイモールの場所にあたる。     ランカウイ……