海外旅行初心者 便利な持ち物関連などまとめ

海外旅行

目次

海外旅行初心者 便利な持ち物

海外旅行 持ち物 便利 予備のスマホは安心

海外旅行の持ち物 必須ではないですが、あれば便利という
持ち物をピッアップしてあげておきました。

7つ道具みたいなの

長期旅行の人なんかはほしくなる持ち物
缶切は、プルタブ付きで無い缶を開けるときに
プルタブ付きで無い缶のほうが少し値段が安いです。
小さいナイフみたいなのは、果物や野菜を切るときに。

 

100均の裁縫道具

ダイソーの裁縫道具、小さいし便利な持ち物です。
重い荷物を安いバックに長い期間いれていたりするとかなりの確率で
背負う部分の縫い目が引きちぎれてきます。
それを縫う際なんかにもっているとかなり助かります。

 

衣類圧縮袋

こちらもダイソー、かさばる持ち物の衣類をコンパクトに。
少しだけ効果はあります。

 

スマホバッテリー

海外旅行にいくと待ち時間などでかなり待たされることも
あります、そんなときはスマホで時間をつぶすのですが
長時間つかっていると電池切れがあります。
やや重さがあったりするのが難点でしょうか。

 

予備のスマホ

スマホバッテリーでもいいですが、長期間海外旅行へいかれる
かたは予備のスマホも考えていいかもしれません。
1つトラブルで破損した、なんてことを考えると安心感あります。
実際によくもっていきますが、役に立つことも多い持ち物です。

 

腕時計

日本ではスマホで確認すると思うのであまり感じないかもしれませんが
取り出しづらいときや、即座に確認したいときなんかもあります。
いつも常につける必要はなく、宿から宿の移動や
別の国へ大移動みたいな時に欲しいと感じるかと思います。
宿では時計などついている所はほとんどないので
机などにおいたままにして、確認用に小さいの持ち物なのでじゃまに
なることもないと思います。

 

スマホ用の水中でも撮影できる袋

水中用のカメラまで買って撮影したくない人でも
綺麗なビーチで魚が泳いでたりすると、撮影したくなると
思いますよ。

 

保冷用のアルミの袋

冷えた飲み物などを運ぶときなんかに便利。
綺麗なビーチで缶ビールを一杯などと考えている方
なんかは是日。

 

ビーチなどで砂に敷く長いタオル

これもビーチに行く方は忘れがちですが、欲しくなるシーンも。
肌を焼く人は持って行っておいたほうがいいでしょう。
割とかさばる持ち物なので長期旅行の方はすこし考えた
ほうがいいかもしれません。
空港なんかで寝る際にも使っている人もいました。

 

 

ビーチで体につけて浮かぶもの

実際ビーチにいくと、泳がすにプカプカと浮かんで綺麗な景色を
眺めていたいと思う人もいるはずです。
コンパクトで上半身だけ浮かべるようなものがおすすめです。

 

 

折り畳み自転車

海外旅行 持ち物 折り畳み自転車

これはかなりレアなケースだと思いますが、普通にスポーツ用の自転車で
1日数百キロとか走る人なんかは、長期海外旅行では、かなりほしく
なる場面もあるかもしれません。
一つの場所にとどまって探索する人なんかもおすすめですね。
旅のスタイル自体変わってしまうのでなかなか難しい所ですが。

ドッペルゲンガーの安いやつで、2万円ぐらいのようです。
破損のことなどを考えると
飛行機やその他の乗り物などが使いづらくなるのが残念な所。

 

 

海外旅行 持ち物 リュック

海外旅行 持ち物 リュック 旅行者

 

長期海外旅行へ行かれる方向けに
海外旅行に関してのリュックでの使用感について
感じたことをまとめておきます。

白人旅行者のリュックは本当に大きいものが
多いです。
見ていて一目で旅行者とわかり割と安心するものです。

 

海外旅行 持ち物 リュック 容量<

持ち物ときっちりと同じような容量にすると、リュックがパンパン
になり、チャックなどの部分の破損が怖いと感じると思います
肩にかける部分などが引きちぎれても糸で縫って修復がききますが
チャックが壊れると買いなおすことになるかと思います。

 

多く荷物を入れていると、他の部分にも負荷を与える
ことになるので、持ち物がかさばってくるとサブバックに
分散させることになるのですが、2つのリュックを背負い歩くと
いうのは何かと面倒
だと感じると思います。
LCCの手荷物の重量制限のために2つに分散させる機会も多いです。

 

上記した2点の事柄により、自分がもつ海外旅行での持ち物よりも一回り大きい
容量のほうが良い
です。
ただし、大きい容量のリュックはリュック自体の重さがあります
ので、適度に大きいものにするのをおすすめします。

 

海外旅行 持ち物 リュック 耐久性

海外旅行 持ち物 リュック

海外に長期旅行となると高価で有名なブランドの
最高の耐久性のものが
欲しいと感じるかと思いますが、宿の移動などを
かなり頻繁に行わない限り
、そこまでの耐久性の
ものが必要かと考えると、実際に旅してみればそれほど
必要無いと感じるはずです。

同じエリアでころころと宿を変えずに
とどまっている場合、メインのリュックは宿に
ほとんど置いていくことになるので、かなりいろいろな場所に
移動しながら、海外旅行にいかれる方
でない限り
そこまで高価なリュックは不要かと思います。
東南アジアの有名な観光地であれば、壊れても買いなおす
ような場所はいくらでもあります。

サブバックに関してですが、いくらサブバックといえども
そこそこものにしておいたほうがいいです。
一度数か月の海外旅行にサブバックをワゴンのバーゲンセール激安品みたいなのを
持っていきましたが肩にかける部分が2か月もたたないうちに引きちぎれてきて
修復することになりました。

 

海外旅行 持ち物 リュック 防犯

 

海外旅行にもっていくリュックの防犯に関して
ですが、メインの部分のチャックが
南京錠でロックできたりするリュックをお勧めします。

 

ゲストハウスでドミトリーに泊まる場合
ある程度、欲しいと感じるはずです。

他にはゲストハウスのシングルでは自分がいないときに部屋に
入られることは、ほとんどないと思いますが
普通のホテルでルームサービスなどでかってに
部屋にはいられる事はあります
。そんなときの為に、南京錠でロックできるもので
あれば、気休めですが安心感はあります。

 

 

 

海外旅行 持ち物 ビーチ編

海外旅行 持ち物 ビーチ編

 

海外旅行の持ち物 ビーチであれば欲しいという
持ち物をピッアップしてあげておきました。

 

海外旅行 持ち物 ビーチ編 身に着けるもの

 

水着

泳ぐのであれば、必須。
ただ、実際に行ってみればわかりますが
あまり泳がないかもしれません。

タオル

できれば速乾性のものがいいでしょう。
それほど大きいものでないほうが
持ち物としてかさばりません。

サンダル

日本の生活からすると使わないかと思われがちですが
暑い国では必ずもっていたいもの。
短期旅行の方はあまり買い足す暇もないでしょうから
日本から持って行っておいたほうがいいでしょう。

サングラス

南国であれば、日差しはかなり強いです。
長時間日差しを浴びていると目が充血しますので
持って行くべき。

ゴーグル

よくビーチで泳ぐような人は
ほしくなる持ち物かと思います。

 

防水用のコイン入れ

どうしても財布などの貴重品が気になる人は
これも持っていったほうがいいかも。

 

海外旅行 持ち物 ビーチ編 便利

 

ビーチなどで砂に敷く長いタオル

チェアなんかを借りることもできますが。
砂浜でごろっと寝転がるのが
好きな人や、節約のためにも(笑)
かさばるものは止めてコンパクトなものに
留めておいたほうがいいでしょう。

サンオイル

あまり焼けたくない人などは必要。

 

スマホ用の水中でも撮影できる袋

ビーチで綺麗な魚が泳いでいたり、海の中が綺麗だったら
撮影したくなること間違いありません。
水中カメラを買うほどお金をかけたくない人には
おすすめ。

 

保冷用のアルミの袋

ビーチまで冷たいのみものを持っていきたい人など用。
買う場所が近くにない所はかなり便利です。

 

水滴がつかないボトル

現地の人などもよくもっているのを見かけます。
冷たいボトルをサブバックの中などに入れると水滴で
バッグが濡れて、服などまでも濡れてしまうことも。

 

ビーチで体につけて浮かぶもの

実際ビーチにいくと、わりと欲しくなるかもしれません。
泳がすにプカプカと浮かんで綺麗な景色を眺めていたいという人に。
コンパクトで上半身だけ浮かべるようなものがおすすめです。

 

東南アジアの海外旅行 持ち物

海外旅行 持ち物

 

初めての海外旅行へ行く方などの参考に
東南アジアなど熱い国の、旅行用の必要な持ち物
一覧として上げてみました。
どれもわりと現地で手に入るものばかりですが
やはり日本を出国の際は全てそろえておきたいと思うもの。

 

持ち物 必須

  • パスポート
  • 現金
  • クレジットカード
  • 持ち物を入れるバックパック。
  • サブバック

 

持ち物を入れるバックパックは
チャックを南京錠で固定できるものが
安心できると思います。

 

海外旅行 持ち物 電子機器

  • スマホ
  • ノートPC
  • 充電用のUSB関連
  • 各国のコンセント変換

 

まったく持って行かない人もいるようなので
単に観光目的などであれば、不要な場合も多い持ち物です。

日本国内で使うようなものをすべてもっていきます。
電源のコードは海外用でないと危険なよう。

ノートPCは荷物のなかでもかなり重さ
サブバックにいれればエアアジアなどの手荷物の重さを回避できる。

 

海外旅行 持ち物 本

  • 観光ガイドブックなどの本
  • 英会話の本

持ち物のなかでもかなり重さを占めます。
実際観光などをしてみると、使わないことも多いです
かなり厳選していったほうが良い持ち物と思います。
ノートPCを持っていく方は不安かもしれませんが
すべて持って行かなくても問題ないかと感じました。
英語のものですが、現地でも簡単な観光ガイドみたいなのが
だいたいの所で置いています。

必要な部分だけスキャンしてスマホにいれて
一切もっていかないという手もあります。

Kindolなどであれば重さの節約になるので
そちらのほうがいいでしょう。

 

持ち物 衣類

  • 長袖の上着
  • Gパン
  • 下着
  • 半ズボン
  • 半袖シャツやTシャツ
  • 水着
  • 速乾バスタオル

こちらは人によっていろいろ、東南アジアで
あっても肌寒い時もあるので、一枚ぐらい長袖の上着はほしい所。
おもに半袖のものが乾きやすいし持ち物の軽量化目的の為に
いいでしょう、上下3セットぐらいでいいと思います。
Gパンは重いので一枚だけのほうがいいかも。

 

持ち物 セキュリティ関連

 

  • 南京錠
  • ワイヤーロック
  • 数字でロックするのも便利

日本にいるとあまり必要ないと思うかもしれませんが
安宿に泊まるときは欲しいと思う事が数多くあります。
バックパックにかける鍵以外も役に
立つ場面があると思うので必ず持っていったほうがいいでしょう。

怪しそうな宿では、荷物と重く移動でないようなもの
をワイヤーロックで固定していました。
他の客がそのまま別の鍵などで間違って入ってくる
など部屋の扉の鍵がかなり怪しい所などでも扉を
ワイヤーロックでロックしていました。

 

持ち物 生活用品

  • 歯磨き
  • 歯磨き粉
  • アルミのコップ
  • 折り畳み傘
  • 耳栓
  • 裁縫セット
  • 爪切り
  • 常備薬など

小さい持ち物で、便利。
必要に応じて持っていきましょう。

 

持ち物 洗濯関連

  • S字フック(電子機器のコードを固定するときなどもいる)
  • ひも
  • 洗濯ばさみ用クリップ
  • 石鹸
  • 小さい洗剤

S字フックは電子機器のコードを固定するときなどもいるのですが
これは、宿によってはコンセントの位置が変な場所についていたりして
いるときに役に立ちます。
使わないように思えて、どれも使うものばかりだと思います。
すべて持っていくことをおすすめします。

 

 

 

東南アジア海外旅行 服装

東南アジア海外旅行での 服装など
についてのおすすめな物をいろいろとまとめて
おきたいと思います。

服装は防犯などの意識するのであれば
現地民に合わせた服装にするべきというのが
やはり一般的だと思います。

 

東南アジア海外旅行 服装 頭

サングラス

東南アジア海外旅行 服装 頭 サングラス2

日差しは強いです、サングラスを付けづに
直射日光を数時間日差しを浴びて
いると、目が充血してきますよ。
観光客とばれやすいので安全な場所での
利用がおすすめです。
ビーチで肌を焼くのであれば必須です。

 

帽子

東南アジア海外旅行 服装 頭 ノンラー

日に焼けたくない人は持っておいたほうが
いいです。

ベトナムなんかではノンラーという帽子があります。
他の国でもつけているバックパッカーの方がいて
一目でベトナム旅行に行ったということがわかるので
ちょっと嬉しく思えます。

 

 

東南アジア海外旅行 服装 上

乾きやすいスポーツ用のシャツ

男女とも半袖、Tシャツなんかよりも
乾きやすいシャツ、とかポロシャツみたいなの
は本当に便利でいいです。

海の近くで風が強いような場所や、空港は
夜はかなり肌寒くなったりもするので
一枚長袖の羽織るものも持っていたほうがいいです。

 

東南アジア海外旅行 服装 下

男性 ハーフパンツ、ジーパン
女性 ジーパン、スカートなど

東南アジア海外旅行 服装 ジーパン

現地の方もこういう格好が多いと思います。
ジーパンでサンダルを履く場合、裾が長いと折らないと
汚れてしまうので裾を折るのですが
折った所に毎回、砂や小石がたまりますので
ちょっと裾が短いもののほうがいいかもしれません。

 

東南アジア海外旅行 服装 靴

男女ともサンダル

東南アジア海外旅行 服装 靴

東南アジアではサンダルで歩いている人が
多いです、大雨の降った日なんかは水たまりが
できてすぐに水ひたしになるし、暑さで靴も蒸れて臭くなりやすいです。
毎日靴下を洗うのから解放されるのもうれしい所。
はきなれてないとなんとなく違和感あるかもしれませんが
はいてみると割と問題ないと感じると思います。

長期旅行でずっとサンダルで歩いていると足先の肌
がざらざらと汚くなってくるので、綺麗な足先を保ちたい
女性の方はやめておいたほうがいいかもしれません。

 

服装ではないが防犯効果はありそう

服装ではないですが、日本で肌を焼いてくるという事。
日本から来るのであれば、日サロなどで焼いてくると
若干の効果あるかもしれません。
そこで長らく暮らしている人間なんかと
思われて狙われにくくなるかも。

短期旅行であればそこまでこだわる必要はない
かとは思います。

 

 

 

海外旅行持ち物 不要な物

海外旅行持ち物 不要 ジーパン

 

東南アジアの長期海外旅行で持っていくものであまり不要
と感じた持ち物
を記載しておきます。
重いバックパックを持っての移動はそれなりに疲れますよ。
宿についてからもすぐ行動したい人は軽量化したほうがいいでしょう。

窓なしの安いゲストハウスに泊まる人なんかは、洗濯後の乾きづらさ
なども考慮して持ち物を考えたほうがいいです。

 

海外旅行持ち物 不要な物 本

本自体、他の荷物と比べるとわりと重さがあるので
長期旅行の人はかなり厳選していったほうがいいです。

 

観光ガイドブック

ノートPCでwifiつなげてやる人なんかは
不要になる場合が多いのではないでしょうか。
安い観光ガイドブックを買ってその国の滞在が終わったら
必要そうな部分だけちぎって捨てていました。

 

現地の言葉の本

わりと不要になると思います。
やはり片言の現地語ではなされても……という感じですよね。

やられたらわかりますが、外国人に片言で
日本語で話されてどう感じるか考えてみたら
わかるかもしれません。

人によってはかなりいい感じにとってくれますが
外国人嫌いみたいな人に使うと(笑)

せいぜいもっていくのであれば指差し関連の
小さいもののみにしたほうがいいかと。
simフリー使うひとならgoogle翻訳だけでいいかも。

 

海外旅行持ち物 不要な物 衣類

ジーバン

割と重さがあり、他の衣類に比べると面積占めることに
なると思います。
1枚ぐらいは持っていっても宿泊施設を移動する際に
履いておけばいいのです。

洗うとかなり乾きにくい、窓のないゲストハウスとかだったら
室内だとかなり時間がかかると思っておいたほうがいいです。

ちょっと洗ってないようなものを石鹸などで洗うと
かなりカオスになるので注意してください。
細かく洗濯するか、洗剤などを使って洗ったほうがいいでしょう。
もしまだバックパック旅行とかいってない人は
試験的にどうなるか試して見てほしいです。

東南アジアであればジーパンなしで半ズボンや
女性であればスカート
のみだけでも
問題ないと思います。

 

運動靴

東南アジアではサンダルで歩いている人が
多いです、大雨の降った日なんかは水たまりが
できてすぐに水ひたしになるし、暑さで靴も蒸れて臭くなりやすいです。
はきなれてないとなんとなく違和感あるかもしれませんが
はいてみると割と問題ないと感じると思います。
ただしサンダルで厳しい所に行く場合は必要でしょう。
都市部などになると、わりと普通の靴の比率が多く
なるのでサンダルはちょっと履きづらい感じになったりもします。

 

靴した

上記したように、サンダルのみであれば
東南アジアの旅行では必要がないと思います。

 

海外旅行持ち物 不要な物 その他

 

蚊取り線香

これは必要なのかと思って持っていったことがありますが
実際に使うことはありませんでした。
ゲストハウス自体、部屋で使うのを禁止している
所も多いのではないでしょうか。
場所によっては必要でしょうが、東南アジアではわりと普通に
売っていたりします、しかもかなり安い。

パスポート入れ

パスポート用の身に着ける小型のバッグのようなもの
基本的にほとんど宿泊施設に置いていたの
で人によっては不要となることも。
パスポートを常にもっている必要がある国では
割と使えるかもしれません。

 

折りたたみバケツ

これは良くもって行くべきものに挙げられていますが
細かく洗濯するような人はいらないと感じました。
液体洗剤なんかを使う人には必要のように思えます
が、大き目の袋を洗面台の所において水を溜めると
液体洗剤も利用できます。
水回りが共有の宿ではあまり利用できない洗濯方法
でありますが。

 

スマホなどの充電用のバッテリー

スマホを一日中つかう人以外は不要なはず。
観光にまできてまでスマホばっかりなのも
もったいない気もします。
よっぽど辺境の地でない限り充電する場所なんかは
よくあります。
ただ移動の際に遅れが発生して何時間も待たされるとか
の時は役に立ちそうです。

 

海外旅行 持ち物 不要と思っていたけど必要

東南アジアのバックパック長期海外旅行の持ち物
不要と思っていたけど必要
だと感じたものをまとめ。

 

サブバック

これなんかは最初の頃、海外旅行に行く前は必要ないんじゃないか
などと思っていましたが、大いに要りました
必ず持って行ったほうがいい持ち物です。
若干質のいいものをもっていったほうがいいです。

エアアジア 手荷物なんかの重さをクリアするのにも
役立つと思います。

 

100均の裁縫道具

小さいやつだし、とりあえず持ち物に入れておきましょう
いざというときに役に立ちます。

サブバックが1か月もしないうちに肩にかける
部分が引きちぎれかけてきたのを縫うのや
ジーパンの裾の部分の糸がほつれてぱかっと開いて
きたりしたのを縫うのにも役立ちました。

日本以外では割と売っている場所が限られている
のでこれも持って行ったほうがいい持ち物です。

 

爪切り

これはやはり長期旅行であれば、必要ですね。
もっていってなくて、後で買い足すことになる。

 

アルミのコップ

コップとかはいらないと思っていましたが歯磨きをするときなど
割と必要になります。

予備のスマホ

simフリー用のスマホと、音楽用のスマホを
分けてもっていきましたが。
2つあると、電池の面や、もし片方壊したときなどの
こと
を考えるとかなり安心感がありました。

もしスマホだけで写真を撮る、海外旅行なんかを
考えていたら、それほど重いものでもないので
一つぐらい予備のスマホを持って行ってもいいかもしれません。

歩道が壊れていたりする

国外にいけば、写真のように歩道が壊れていたり、へんな所に段差などあり
油断しているとこける可能性は高いです。
白人のおばさんが、高級な一眼レフをもったまま
歩道の段差でこけて大クラッシュしてるのを目撃したこともあります。

 

洗剤

石鹸だけで洗うので不要と考える方もいると思いますが
やはり必要です。

チャックがついている衣類を石鹸だけで洗うとチャックの部分が
カビのようになってくるので要注意。
ジーパンなどの厚手のものは石鹸では臭いさえ取れなくなってきます

手洗い用のものが使いやすいので日本から
持って行ったほうがいいでしょう。
液体用のものは安く割とどこででも売っています。

僻地に行く方が持って行ったほうがいいでしょう。

 

サンダル

海外旅行 持ち物 不要と思っていたけど必要 サンダル

これも不要などと思われるかもしれませんが
熱い地域ではかなり役に立ちます

東南アジアではサンダルで歩いている人が
多いです、大雨の降った日なんかは水たまりが
できてすぐに水ひたしになるし、暑さで靴も蒸れて臭くなりやすいです。
はきなれてないとなんとなく違和感あるかもしれませんが
はいてみると割と問題ないと感じると思います。

長期旅行の方は日本で質のいいものを買っておいたほうが
いいかもしれません。
東南アジアでは安いものは100円程度で売っていますが
長く使っていると底がなくなってきます。