猫のゴロゴロの理由や意味は?

猫の習性の一つであるゴロゴロ、猫はいったいなぜ
ゴロゴロと鳴くような習性をとるのか。

猫のゴロゴロの理由や意味などは?アイキャッチ画像

猫 ゴロゴロの理由

最も有名なのが、猫の行動学という本も出している
パウル ライハウゼン( Paul Leyhausen )の赤ちゃん返りのゴロゴロ説
子猫が親からミルクを吸っているときによくゴロゴロとした音を出すと
いう。

子猫がこのゴロゴロを出す理由としては子猫が母猫に安心感を伝えるため
母猫につぶされないようにするために音を出すようです。

成長した猫でも、子猫のようにゴロゴロと音を出すのは
子猫にようになり、幸せや安心感を抱いているときの猫の行動とするのが
パウル ライハウゼン( Paul Leyhausen )の「赤ちゃん帰り説」で
これが一般的に広まっているようです。

 

 

猫 ゴロゴロの理由 要求のゴロゴロ

これはよく飼い主に餌を
求めてきている時に猫が鳴らすゴロゴロです。
私の猫もよくゴロゴロと音を鳴らしながら、足にすりついて来ていた
様子がいまも浮かんできます。
お腹が減っているのか、かなりゴロゴロと鳴らしながら要求してきます。

猫がゴロゴロを出す理由のひとつ要求ゴロゴロは
猫が何らかの欲求を抱いているときによく発するもの。

幸せを抱いているときのゴロゴロとは異なり、要求ゴロゴロは音の中には高周波の音を含んでいる
この高周波だけを取り出して、人に聞かせると猫をいままで飼ったことがない人
でも緊急性があるという印象を持ったとのこと。

要求ゴロゴロは上のような幸せを抱いているときのものとは
異なり、人でも少し直感的に感じるものがあるというのは以外ですね。

 

 

猫 ゴロゴロ 噛む

猫がゴロゴロをしててうっとりと可愛らしいようになっているのに
急に噛んでくるときがありませんか?

しかも噛んでいるときでも、幸せを感じているときのゴロゴロを
鳴らしている
のです。

噛むというと、嫌がっているように思えるかもしれませんが
このゴロゴロを出しているときの噛みは嫌がっているのではなく
甘えている時
のものです。

猫は嫌っているわけではないので、噛まれた痛さに我慢できずに
怒ったりしないように。

 

 

猫 ゴロゴロ 意味

猫のゴロゴロは骨密度を上げる特徴もある。

研究では猫のゴロゴロが、骨に含まれる
骨芽細胞や破骨細胞を活性化し、骨密度の維持に役立っているという説がある。
ゴロゴロのおかげか猫は他の動物に比べて骨折などの回復が格段に早いといわれる。

上に記載した「猫 ゴロゴロ 理由」などが誰かの相手に何かを伝える伝達手段の一つで。
猫のゴロゴロのもう一つの特徴としては、自己の体に直接作用するような
深い意味をもっているようだ。

 

猫のゴロゴロは周波数は約25ヘルツで、
この25ヘルツというのが組織再生を促進する周波数の範囲内で
骨に刺激を与えて新陳代謝を活発化すること

猫のゴロゴロの研究が進めば、無重力下にいるため、どんどん骨密度が低下する
宇宙飛行士への応用も出来る
とされている。

猫のゴロゴロの理由や意味は?と同じカテゴリ