英語 建物の階数表現の違い

英語学習

英語 建物の階数表現の違い

 

海外旅行にいく際にも覚えておいて欲しい
である違いの表現です。

 

特にホテルなどで自分が教えられる時とか人に教えるときには
違いを気にしておいたほうがいいと思ったこともあります。

 

実際に私も海外旅行でインド人が経営するホテルにとまった時
にそういう事がありました。

部屋は何階かと聞いたときに、3階なのに
second floor
と言われて あれっ?と思うことがありました。

 

その時は、相手が間違ってるんじゃないのか?と思って
いましたが私が無知なだけでした(笑)

 

では実際にではどのように英語での
階数表現が違うのかを確認してみましょう。

 

アメリカ英語 建物の階数表現

アメリカ英語では

  • 1階をfirst floor、2階をsecond floor

  • 1階をground floor、2階をfirst floor

  • 商店や事務所用のビルの階 1階 main floor や street floor

 

など多数の表現で呼ぶようです。

 

イギリス英語 建物のの階数表現

イギリス英語では

  • 1階をground floor、2階をfirst floor

 

イギリスではこの表現のみであるようです。

 

詳しくは『イギリス/アメリカ英語対照辞典』という本に掲載されている
のでその部分を引用しておきます。

“アメリカ人は、地面の高さにあるアパートの階を描写するのに、first floor という語と ground floor という語をどちらも同じ意味で使うし、地面の高さにある商店や事務所用のビルの階を描写するのに main floor とか street floor を使う。イギリス人は、これらのものすべてを描写するのに ground floor を使う。”

“このようにアメリカ用法とはくいちがいをみせているが、イギリス人はその昔、イギリス植民地に敵対したヨーロッパ人と一致をしているのである。”

出典 – 『イギリス/アメリカ英語対照辞典』

 

平常の時であれば、まあ恥ずかしい思いをするぐらいでを
許されるかもしれませんが。

緊急事態の時などであれば、身の危険を
及ぼす可能性がありますので、階数表現の違いは
しっかりと記憶しておいたほうがいいことかもしれません。

 

英語 建物の階数表現の違いと同じカテゴリ

 

英語 建物の階数表現の違い
を見ている人は他にこんなページもみています

初めての長期海外旅行 持ち物が気になる方へのススメ
初めての長期海外旅行 持ち物が気になる方へのススメ

  初めての長期海外旅行、かなり持ち物が気になると いう方も多いと思います。   海外旅行では持ち物が気になって、最終日まで調整してしかも 出国する日にまで、さらに持ち物を買い足したりしていたと いう思い出があります。 初めての海外旅行 どうしても持ち物が気になって 仕方がないという方に日本を出国する前にやっておきたい おすすめの方法を……

映画で英語学習 マリーゴールド・ホテルで会いましょう
映画で英語学習  マリーゴールド・ホテルで会いましょう

[caption id="attachment_1482" align="alignnone" width="500"] By: Pedro[/caption] (写真は「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」の撮影場所ジャイプールの街並み)   海外映画についてのメモです。タイトルは 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」 映画の話の内容などのレビューなどは他のレン……