雨の日のキャンプでの必需品

ビジネス 副業

雨の日のキャンプでの必需品などアイキャッチ画像

最近の天気予報はかなり精度が高くなっていて、雨の日の
キャンプに遭遇するのも少なくなってきていますが、もしも
キャンプで雨の日に遭遇したときの為にもっておきたい必需品
料理などをまとめ。

 

ファミリーでキャンプをするときなどは、BBQのついでに川の側
キャンプというような人が多いと思います。

しかし川の側は大雨が降ってきたときは土砂災害など
かなり危険ですので早々に撤収したほうがよいです。

 

 

 


雨の日 キャンプ 必需品

できれば持っておきたい、雨の日キャンプの必需品

 

 

person-904697_640

タープ

雨の日のキャンプの基本はタープ、これを雨対策として利用する。
タープにもいろいろと種類がある
「ワンタッチタイプ」「ヘキサタープ」、「スクリーンタープ」「レクタングラータイプ」
初心者はワンタッチタイプが使いやすいです。

雨対策以外では日よけとして利用される。

 

グラウンドシート

テントの下からの水の浸水を防ぐようにグラウンドシートを
引きます。雨の日のキャンプでは必ず欲しい。

 

レインウエア(合羽)、長靴
安いものは浸水してくるので、出来ればある程度の品質のもの
購入しておいたほうが良い。

 


レインウエアを付けるのが面倒なときには傘ももっておいた
方が良いです。
風の強い日は使えません。

 

着替え、タオル、洗濯バサミ
できれば、大目にもっていっておいたほうが安心。
洗濯バサミはぬれた服を干すため。

 

シャベル
水の通りが悪くなるときに、テントの周りに穴をほり水を逃がす。

 

毛布や防寒具など
真夏でも標高が少し高い山は夏でも冷えます。
とくに川の側などは冷えますよ本当に。
土砂やがけ崩れなどで、通行止めになり車を足止め
されたときにも使えます。

 

防水スプレー
なくても問題ないが、キャンプの浸水用にあった
ほうが良い。

 

雨の日 キャンプ 料理

雨の日のキャンプでの料理は基本、上で紹介した雨対策のタープ
の下で行う

 

pan-984007_640

 

BBQなどもそれほど雨が降ってきていない場合はできる。
タープの下でやると穴が開きそうな感じがするが雨の日は問題ない。
(焚き火は厳禁)

しかしタープの下でもやはり、横雨など大降りになってくると
料理の中に雨が入ってくる

雨の日のキャンプでは料理はしにくい。
簡単にボイルするだけで美味しいようなものがオススメだ。

できればもっていっておきたい食材の必需品は

生でも食べれるもの
野菜サラダなど。

ボイルするだけでも食べれるもの
ウインナーなどや、ゆでて作れるレトルト御飯、レトルトカレーなど

 

雨の日のキャンプでの必需品と同じカテゴリ