UMA未確認生物キャビットは存在するのか?

キャビット 画像2

後ろ足がウサギにっている、そんな猫のような存在
キャビットと呼ばれていた

目撃例は翼猫よりも少ないが、キャビットは実際にいるかもしれない。

 

キャビットは翼猫とはことなり、生まれたあとから足が変化
してウサギのようになるのとはことなり
キャビットという名前のように、猫とウサギを掛け合わせた結果生まれたもの
だといわれている。

猫とウサギの交配は動物学者には、遺伝学的に不可能と言われている。

 

しかし、動物学者のデビッド・オスグッドはキャビットのことを
「動物学の常識を超える事態」としながらも
ウサギと猫の混合種は完全に不可能なことではない」と語った。

キャビット 画像4

 

 

目撃例もたびたびあったようだ。

1977年9月8日
ハリー・グッドウィンという男性が、キャビットを飼っていたという。
その猫はマンクス種(尻尾が極端に短い種類)ににていて、その種だと思い込んでいた。
ハリー・グッドウィンは長い間ウサギも飼っており
「キャビットが産まれる前には一匹の猫と一緒に遊んでいた事もあった」との事だ。

テキサス州の新聞社「スタンダード・タイムズ」に
「ペンシルバニア州でもキャビットが見つかった」という記事に掲載された。

 

そして、猫とウサギの自然交配で生まれると思われる
キャビットを裏付けるような動画も実際に存在していた。

発情したウサギが茶色いネコを追いかけて、しつこく交尾をせまる
動画である。

過去にあったようだが消滅したもようw

 

この動画をみたかぎりでは、猫とウサギが交尾することがあると
いうことだけは事実のようだ。

キャビットとは自然交配によって誕生したものなのか
それとも突然変異なのか、まだ未知な部分が多い猫であるが
そんな隠された部分にも魅力があるのかもしれない。

キャビット 画像1

UMA未確認生物キャビットは存在するのか?と同じカテゴリ